HAND & SOUL

<   2009年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

アヌ・トゥオミネン

e0153357_14553596.jpg








かって教鞭をとっていたデザインの大学で、建築系の学科の1年生の実習科目に「椅子」をつくる授業がありました。デザインを学び始めて間もない学生が、オリジナルの椅子をデザインし実際につくるという課題です。
学生たちがまずぶち当たるのが「アイディアの開発」という壁です。古今東西の歴史のなかで星の数ほどの椅子のデザインが既に存在しているだろうに、さらに今までにないオリジナルなデザインなど果たしてこの世にあり得るのだろうか、そんなもの自分が考えられるはずもないという絶望感にも近い悩みです。
悩んで,悩んで、自分の才能の乏しさに苦しみながら、とにかく締め切りまでになんとかデザインし、馴れない工具と格闘しながら、おそらく生まれて初めての椅子をつくりあげます。
ところができ上がった作品を観ると、どうしてどうしてかなりの数の傑作が並んでいます。学生たちの顔からも当初の当惑となさけない表情はすっかり消え、一様に満足げな達成感を感じている風です。
彼らは「新しいアイディア」に到る道に立ちはだかる大きな壁を通り抜けようとして、よじ上ったり、歩き回ったり、槌で叩いたり、ありとあらゆる努力をしてついに突破する隙間を見つけたのです。そして「新しいアイディア」に到る道は必ずどこかにあるものだということを知り、壁の向こう側の輝かしい世界をかいま見たのです。こうして彼らは「創造」という魔境に魅了されていくのです。

e0153357_14523953.jpg







こんなことが頭に甦ったのは、お気に入りサイトのFさんのブログにアヌ・トゥオミネンというフィンランドのアーティストが紹介されていて、彼女の作品の眩しいばかりのアイディアの輝きに接したからです。
彼女の創造の素材となるのは、毛糸だったり、小枝だったり、調理用具といった日常のごくありふれたものばかりです。つまりHAND & SOULのモノづくりと同じ土俵で仕事をしています。しかしその作品は同じ土俵でこんなパフォーマンスがあり得るのかという新鮮な驚きの連続です。その表現が醸し出す軽み、繊細、上品、ユーモアには「ごめんなさい、まだまだ至りませんでした。」と脱帽する一方で、よし!まだまだやることはあるんだと励まされます。

HAND & SOULのサイトを訪れてくれた皆さんにもぜひ彼女のことを知ってもらいたいと、Fさんの許しを得て、彼女のHPや展覧会のサイト・アドレスをお知らせします。
あとは皆さん自身でお楽しみください。
[ジイジ]

2006年の展示風景 → http://www.art-u-room.com/exhibition_jp/06_10kitchen.html
2008年の展示風景 → http://www.art-u-room.com/exhibition_jp/08-04forester.html
アヌ・トゥオミネン作品 → http://www.art-u-room.com/tuominen/tuominen.html

Anu Tuominen HP → http://www.anutuominen.fi/index.html

写真: Anu Tuominen作品(上)Forest Owner(2008) (下)Color samples for kitchen(2006)
[PR]
by love-all-life | 2009-09-29 15:08 | 文芸・アート | Comments(0)

「地べたの景色」 in U.S.A

.

e0153357_201638.jpg




前回のブログでカマクラの「地べたの景色」を紹介しましたが、7月に訪れたロサンジェルスのベニスビーチでも、タウンウォッチングをしながら地面へも目配りをして「地べたの景色」を楽しんできました。

ロサンジェルス…車社会の大先輩ですから、海岸の砂浜と公園の芝生以外は道路は当然ながらすべてコンクリート舗装されていますが、面白いと思ったのは、自然であるはずの砂浜や芝生の公園はゴミひとつ落ちていなくて、無味乾燥といえるほどきれいに管理されているのに比べて、舗装された歩道は落書き、表示、広告など種々雑多な表現の媒体になっていてとても人間臭いのです。
となると、こちらの目線は自ずときれいな砂浜や芝生ではなく「汚い」プロムナードへ向けられます。
以下、小一時間の地面ウォッチングでのデジカメ・スケッチです。

e0153357_2014834.jpg
e0153357_2064419.jpg
e0153357_2072926.jpg
e0153357_2074432.jpg
e0153357_2075761.jpg

[PR]
by love-all-life | 2009-09-25 20:21 | 文芸・アート | Comments(3)

カマクラある記 7


e0153357_1455770.jpg




レオナルド・ダ・ビンチは「才能あるものは壁のシミから創意を得る」というようなことを言っているらしい。


何気ないものや、とりとめないものにも「何か」を感じ取る力、これを感性だとすれば、感性を磨くにはそれほど面倒な手続きや手間は要らないのではないかという気になります。

なにせ何かを感じる対象は、そこいらにいくらでもある「何でもないもの」なのだから、特別なものを探す必要はないわけで、しいて言えば「何でもないもの」に「特別」を見つける作業ということになるのでしょうか。

e0153357_1456357.jpg
e0153357_14564485.jpg
e0153357_14572179.jpg

その「何でもないもの」を「地面」としてみました。これは「何でもないもの」の代表ではないか、だって自分がいるところにはいつも地面があるのだから。

というわけで、近頃「地べたの景色」を撮り歩いています。
ジイジにとって地面がさらに都合がいいのは、拾いものの好きなジイジはいつも下を向いて歩いているからです。

e0153357_14583856.jpg














こんなことで感性が磨けるのか?と問われれば、もちろん責任はとりません。
ただ、ジイジのボロボロに錆びついた感性が崩れ去っていくのをいくらかでもスローダウンできればという、かすかな望みを託すけなげな努力(それにしてはイージーな)だと思ってください。

e0153357_14531260.jpg

それにしてもこのカマクラ、アスファルトだらけで、改めて自動車天国、公共事業王国を再認識。
[PR]
by love-all-life | 2009-09-21 09:40 | カマクラある記 | Comments(0)

HAND & SOUL「モノ」がたり 23 <試験管の万年カレンダー>


e0153357_14151679.jpg




カレンダーというものは、時間というきわめて捉えにくいものを目で見えるカタチにしたという意味で、人類の偉大な発明のひとつだと思います。

いつ発生したのか調べたわけではありませんが、多分いつ食料にありつけるかわからない狩猟時代ではなく、自然の恵みに頼る農耕ととに生まれたと想像します。東北地方に伝わる絵を使って田植えなどの年中行事を記した南部暦などをみると、文字の発生以前から存在していたことが窺われます。

e0153357_14135571.jpg










自分も自然の大いなる秩序のなかにあるという認識と、計画というものの価値を自覚したときに生み出された工夫に違いありません。
そして計画、企画、戦略などという言葉が氾濫する現代では、人はカレンダーのタマの上で生活していると言っても過言ではないでしょう。

以前、100年カレンダーというものを見たことがあります。2100年までの小さな月例カレンダーがびっしり並んだものでした。過去100年のカレンダーなら、自分史や歴史と重ね合わせたりするという楽しみ方もあるでしょうが、来週や来年のことならともかく50年や100年先のカレンダーにどんな意味があるのか、科学者やSF作家ならぬ身としてはどうもピンときません。
ただ確かなのは、この数字の流れの間にいま生存しているほぼ全人類がこの地球上から姿を消してしまうということですし、当然その中に自分自身の死亡日も記されていることを思って複雑な気持ちになったものです。

昨年、50年来の勤め人生活を辞めたジイジは、ビジネス手帳のスケジュール表の呪縛から解放されて、いまは台所にかけてあるカレンダーを家人や孫たちと共有しています。

カレンダーに追われるのではなくカレンダーを楽しもうという気持ちで、こんな万年カレンダーをつくりました。

e0153357_142125.jpg



















でも、毎月数字を入れ替える作業も「追われる」ということになるのかなぁ。


試験管の万年カレンダー
(素材:流木、試験管、木製サイコロ、革ひもなど) W 36 × H 16 × D 9cm  ¥17,000
[PR]
by love-all-life | 2009-09-18 14:52 | 「モノ」がたり | Comments(2)

HAND & SOUL「モノ」がたり 22 <ひなたぼっこのサイドチェスト>


e0153357_120243.jpg





この夏さき、バアバが長岡のギャラリーmu-anでの展覧会に出品したサイドチェストです。
展覧会のタイトルは「ひなたぼっこ」。
ぽかぽか、ぬくぬく、うららかな陽だまりのような家具を・・・そんな気分でつくられた家具です。

e0153357_1205487.jpg


























家具にはどれほどの自己主張が許されるのでしょうか? 
一方には、作者の自己主張は限りなくゼロに近づけて、機能に徹底的に寄り添うことが結果的に美しいものを生むのだという「 Form Follows Function」なんていう考え方があって、人間のサイズや動作を数値化して最も合理的な1本の曲線を導き出すといった家具が存在しますが、また一方にはアートとしての家具なんていうのもあります。
ま、答えは「それはケースバイケース」ということになるのでしょう。
オフィスでの業務や宇宙開発のように、そこで過ごす人の目的が極めて単純明快な場合の家具調度には、人間工学に基づいた合理性にそれなりの意味があるのでしょうが、私たちの暮らしの中での動作や動きはとても多様で複雑であるばかりでなく、感情や気分によって日々刻々千変万化します。
だからそんな人間のわがままに対応するには、こちらもある程度かわままでいいのではないかというのが私たちの立場です。とくにバアバのつくる家具はそうです。

e0153357_1214783.jpg

このサイドチェスト、杉板で組立ててアクリルペイント塗装した本体をサンダーでエイジング仕上げしました。天板は海岸で拾った廃材です。特徴的な、引き出しのツマミのウキと糸で繋がった開き戸のカンヌキの魚は、使う人がそれぞれの思い出や物語りをつくるきっかけになればと思います。
何を入れるか、どう使うかどうぞご自由に。ただ、これが置かれた周りにゆったりとした時間と空気が漂えばいいなと願っています。


ひなたぼっこのサイドチェスト  W 435 × D 270 × H 680mm ¥30,000  
[PR]
by love-all-life | 2009-09-15 13:14 | 「モノ」がたり | Comments(2)

カマクラある記 6


e0153357_10115953.jpg




ご近所から孫たちに地引き網の体験のお誘いがありました。ご好意をすごく拡大解釈してジイジもタンコブとしてついて行きました。
朝9時、晴天、集合場所の材木座にはすでに子供たちや保護者100人近くが集まっています。
主催者の挨拶に続いて全員で体操。心身ともに爽やかで、いい日というのはこんな日なんだという気分です。

e0153357_1013215.jpg








地引の網が上がるまでの待ち時間にパン食い競走や、スイカ割りなどが予定されていましたが、漁師さんとの行き違いで、すぐに地引ができるということになり、子供たちは大急ぎで綱にすがりつきます。漁師さんの大きなかけ声で力いっぱい綱を引いてきてはまた波打ち際にかけ戻って綱をとることをくり返します。綱を引くこと20分あまり、獲物の小魚が見えてきます。皆の期待は否応なく膨らみますが、網にかかった収穫は期待ほど大きくなく、相当量の小魚と小・中型のサバのほかに名前のわからない魚少々とフグなどでした。

e0153357_108362.jpg



















「毒のあるのがいるから魚に触ってはいけない!」という漁師さんの声に、魚を仕分ける漁師さんを十重二十重と取り囲んで作業を見守ります。とても大量とはいえない漁でしたが、自分自身で引き寄せた獲物だけに一同満足の面持ちです。
プラスチックのフネに入った硬直した状態や切り身ではなく、ピチピチと跳ね回る魚を見るのは多くの子供たちにとって初めてなのでしょう。眼は興味と驚きで一杯に見開かれています。
生きた魚が食欲と結びつくのはおじいちゃんおばあちゃんたちだけのようです。

e0153357_1084295.jpg

イワシの稚魚らしい5、6センチの小魚とサバを選り分けて、網にからんだ海藻や食べられない雑魚を捨てます。
砂地に放られたフグをかわいそうだからと、こっそり指でつまんで波打ち際に放してやる親子もいます。生き物の命を大切にする気持ちは尊いですが、わたしたちの「生」もこのような殺生に支えられているのだということを何人の子供たちが気づいてくれたでしょうか。

最後にそれぞれの家族がビニールの袋にサバ1尾と雑魚を分けていただきました。
この雑魚どう料理するのですかと少し困った表情で若いお母さんに聞かれたので、唐揚げかかき揚げ天ぷらでしょうねと、少し自慢げに答えてあげました。
[PR]
by love-all-life | 2009-09-11 10:38 | カマクラある記 | Comments(0)

HAND & SOUL「モノ」がたり 21 <鍵の額>


e0153357_6564654.jpg




鍵というものが身の回りからどんどん消えつつあるのではないでしょうか。

いまいくつ鍵をもっているか数えてみました。家とお店の出入り口の鍵と、車のキイと、それから・・・・それだけでした。車のキイも、鍵の形をしてはいるもののペコっと押すとブッとロックがきれるのですから、果たして鍵といえるのか疑問です。以前は鍵だった自転車も旅行カバンも今は数字合わせのロックになりました。

それでは鍵が少なくなてすむほど安心・安全な世の中になったかというと、もちろんそんなことはなく、暗証番号やカードにとって替わられただけで、セキュリティ管理だ、リスクマネジメントだと聞かない日はないほど危険は一杯です。「鍵」は減っても「ロック」はどんどん増えています。

大切なものが現金や貴重品から情報へと移ったせいかも知れません。


これから生まれてくる子供が大人になる頃には、鍵はアンチックショップでしかお目にかかれない
ものになってしまうのでしょうか。

e0153357_6573027.jpg










あちこちの引き出しの奥で、古く使い道がなくなってゴロゴロしていた鍵を額に入れてみました。
かって、それぞれ「失ったら真っ青」の大事な鍵だったはずですが、いまとなっては
何を守っていた鍵だっかさえ思い出せず、思い出を永遠にロックする鍵となりました。

e0153357_6583581.jpg



















鍵の額 22×11×D3cm ¥7,000
[PR]
by love-all-life | 2009-09-07 07:14 | 「モノ」がたり | Comments(1)

夏の終わりに

e0153357_1716506.jpg



先週、夏休み残りわずかの孫たちを連れて、ボロ車を転がして越後妻有・大地の芸術祭に行ってきました。
広大なエリアに350点からある作品を二日で巡るのは到底無理な話で、必然的に小学生でも楽しめそうな田島征三さんたちの「絵本と木の実の美術館」や、日比野克彦さんたちのプロジェクトなど4カ所ほどに絞りました。
二日目の午後にはかなりぐったりの孫たちでしたが、松之山地区の森の学校「キョロロ」に着いたとたんに眼の大きさが3倍くらいになりました。
錆びた鉄板で装った蛇のような建物の「キョロロ」には木工体験工房があって、そこには木の実や小枝などの自然素材が山と積んであって、そんな材料でつくった昆虫や動物たちのオモチャがところ狭しと並んでいます。工具なども自由に使えて、専門の指導員のおじさんが丁寧に技術指導をしてくれるのです。

e0153357_17275279.jpg









子供にとって、人のつくった作品をお行儀良く鑑賞するなどということは苦痛以外のなにものでもなく、なにか面白い作品を見たらすぐに触発されて自分で何か作りたくなってしまうのが自然のなりゆきです。

孫たちは、何を作ろうかいろいろ目移りしたあと、やっと鹿をつくることに決めたのはよいのですが、なにせ経験不足で、材料ひとつ選ぶのも、工具の扱い方も、何一つうまくいきません。指導員のおじさんを頼りに四苦八苦です。
「ボクたちどこから来たの?」、「カマクラからです」と答えたとたんに、子供たちから聞かれたことだけに応えていたおじさんの表情がくしゃくしゃとくずれました。というのもおじさんがまだ十代だった頃、七里が浜一帯の大がかりな宅地の造成のために新潟から出てきて10年間も鎌倉に住んでいたことがあったのです。
「あそこには牧場があってね、牛がのんびり草を食んでいたよ」「エッ、あそこに高校ができたの!」「へー、そんなに立派な住宅地になったのか〜」と、頭は半世紀昔を辿りながら、手の方は子供をそっちのけで、どんどん鹿をつくっていってしまいます。

e0153357_17292049.jpg

できあがった作品は、とても「ボクが」、「ワタシが」作りましたとは言えないような立派な鹿になりました。

e0153357_17303099.jpg

というわけで、夏休みの自由課題がこれでなんとかなるという孫たちの目論みは見事はずれてしまいました。
[PR]
by love-all-life | 2009-09-03 17:53 | 文芸・アート | Comments(2)

HAND & SOUL「モノ」がたり 20 <pass me a smile>


e0153357_14451659.jpg




16年来、シドニーで活動する日本人アーチストToyoko SugiwakaさんからHAND & SOULに小包がとどきました。
送られてきたのは、彼女の近著「pass me a smile」(MURDOCK BOOKS社)と、それはそれはかわいらしい作品”Pair of bears”でした。オーストラリアに住む息子の友人からHAND & SOULのことを知ってアプローチしてくれたのです。

遠来の品をもう少し具体的にご紹介しましょう。

e0153357_15163181.jpg















「pass me a smile」は、思わず微笑まずにはいられないかわいい6匹の動物たちをモチーフにした、フェルト、かぎ針編み、縫い物、ペインティングによる彼女の作品集であると同時に、16の作品の作り方がたくさんの写真とともに丁寧に解説されている、手芸本にもなっています。

e0153357_14571677.jpg









まず “pass me a smile” というタイトルがいいですね。食卓で「ちょっとお塩とって」とか「ドレッシングをこちらに廻してくれない」なんて言うときの pass me なになにの「なになに」が「smile」になっているんです。
日本語に訳しにくいですが、「微笑みをください」「こちらにも微笑みを」「笑顔の手渡し」???、やっぱりここはToyokoさんの言葉を聞いてみましょう。
彼女によると、大阪からシドニーにやってきて、英語も上手く喋れずつらい時期を過ごしていたとき、笑いさえすれば物事はいい方向にむかう!との友だちからのアドバイスで、いつも笑うことを心がけて異国の環境になじんでいった、彼女の信念からきているんですって。
エディトリアルのデザインもセンスがよくて、ぱらぱらページをめくっているだけでも気分が温かくなります。
英語が平易なので、英語の勉強をしながら作品づくりができる、一石二鳥が狙えますよ。



e0153357_1561632.jpg













「Pair of bears」はウールをまるめて、フェルトのニードルワークでつくられた作品です。
Make two bears in different colours and melt one into the other. A warm hug is a quick way to relax.ですって、わりとやさしい英語でしょ。
何事につけ大味で、大雑把なオーストラリアで、こんな繊細で、温かくて、やさしいクマちゃんを見たらイチコロでしょうね。
専用のガラスドームのなかに2つのクマちゃんが吊るされて、誰からも邪魔されないぞとハグし合っています。

作品集「 pass me a smile」 ¥2,800   「Pair of bears」 12×12×12cm ¥13,000
[PR]
by love-all-life | 2009-09-01 15:21 | 「モノ」がたり | Comments(0)