HAND & SOUL

<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

沈黙の秋


e0153357_226538.jpg





例年なら今頃が鎌倉の紅葉の盛りなんですが、今年はどこか変・・・、いやもともと例年などという年はないのであって、その年その年がそれぞれ固有の姿をもっていて、それらを統計的に表すのが「例年」と分かってはいるものの、それにしても今年の秋は少し違うのです。
どこが違うといって、普段なら真っ先に紅葉するウルシやナナカマドが9月の台風15号で枝を折られたり葉を落としてしまい、いやになるほどのドングリを庭に撒き散らすコナラも、多くの葉がネズミ色に変色して散ってしまったので、この時期になってもきれいな枯葉色になりません。それだけでなく異常に感じるのが、生き物の気配が乏しいのです。
例年ですと(つい言ってしまいますが)、秋虫の声がすこしづつ下火になると、代わって小鳥のさえずりが姦しくなり、実をつけた木々に鳥たちが集まって来て、リスや、カラスも混じって食料の争奪戦を繰り広げるのですが、今年は太々しいカラスの鳴き声のほかは不気味なほど静かなのです。台風のときの塩害の影響だろうと推測するものの、一夜の塩気を含んだ雨のシャワーだけで、身辺の自然がこれほどまでに敏感に反応するのかと、いつもそこにあって一見不変にみえる自然環境が繊細な感性を秘めて、ちょっとした天候にも一喜一憂していることを再認識します。



e0153357_2274454.jpg




寡黙な秋にどこか不健全なものを感じ、ふと本棚からレイチェル・カーソンの「沈黙の春」を取り出してきて改めてページを繰ってみます。1962年に出版されたこの本は、害虫や病原菌を排除することで人間の生活に福音をもたらす化学薬品が、もう一面では自然均衡の恐るべき破壊分子として作用することを、くり返しくり返し説いています。
この本が世界に強い衝撃を与えて既に半世紀が経っていますが、われわれはカーソン女史の警告を妥当なものとうなずきながらも、さらに放射能まで加えて環境の汚染を重ね続けるというエゴを抑えることができません。

e0153357_2281267.jpg








「『正しさ』の理想は、オーケストラの交響曲だ。それぞれが異なり、もっとも自分らしくしていることによって、美しい音楽を奏でることだ。」という言葉が好きなのですが、自分らしさを肥大化させ、周りとのハーモニーを無視して傍若無人な不協和音を奏でつづける人類を制御できる偉大なマエストロはいつ何処から現れるのでしょうか。
[PR]
by love-all-life | 2011-11-27 22:14 | 自然 | Comments(1)

臨時休業のお知らせ

11月27日(日)は、都合により臨時休業とさせていただきます。

HAND & SOUL

[PR]
by love-all-life | 2011-11-25 23:29 | 臨時休業 | Comments(0)

HAND & SOUL「モノ」がたり 84 <バアバの雛つくり>

e0153357_12481499.jpg






この70年以上ずーっと元気印を看板に生きて来たバアバが、2年ほど前から体調を崩し病院通いが続きました。
いままで人の世話や心配ばかりして過ごしてきたので、この立場の逆転には相当戸惑い、気落ちもしていました。あまりなかったことに周囲も驚き、ありがたいことにたくさんたくさんのお見舞いをいただき、「70年もつ機械なんて世の中にないよ」と慰められて、やっと元気を取り戻しました。お医者さまからも「もう大丈夫でしょう」と言われたとたんに、声が大きくなり、自らを奮い立たせるかのように、翌日には1月に青山のタンバリン・ギャラリーでの雛展の予約をしてきてしまいました。

というわけで、いまバアバは来年春のお雛さまづくりの真っ最中です。「無理は禁物だよ」と周りがさかんに釘を刺しますが、体力の衰えを気力で補うかのように、バンドエイドの缶を横に桂の木片と格闘しています。なかば義務とでも思っているかのようにスタートした作業も、そのうちだんだんエンジンがかかっていき、あたかも気力が元気を彫り上げていくようにみえます。

e0153357_12491894.jpg















喜寿の大台の高みでの作業というのは、所詮体力勝負はあり得なくて気力の勝負でしょう。
バアバの場合は指にバンドエイドを巻いたHANDとSOULの切れ味勝負ということになるのでしょうか。

お雛さまの頭、手、足、が針金で繋がれて次第に形を成していくにつれて、それらはバアバの子分か応援団のようです。

e0153357_1250234.jpg
[PR]
by love-all-life | 2011-11-22 12:55 | 「モノ」がたり | Comments(4)

HAND & SOUL「モノ」がたり 83 <GO! GO! プッシュマン>

e0153357_14361620.jpg






PUSH MANとの付合いが始まって3週間。流木のような一本一本異なるフォルムの自然素材相手と違って、パソコンの図面から生まれたのでカタチは画一。工場で機械生産すればわけないものを、一個一個手づくりとなると、ミニバンドソーで10ミリ厚の板を切り抜きはり合わせて同じカタチを何個もつくるのは結構シンドイ作業で、技術の未熟さがモロ出てしまいます。ん〜、やっぱり工芸作家さんたちの職人芸はスゴい。こちらはHANDが至らぬならせめてSOULでと頑張ってはみたのですが・・・。


e0153357_1436449.jpg















二つ目のテーブルランプ。オランダからのチューリップの球根の梱包箱をバラした板を支柱に使っています。 
<PUSH MANテーブルランプ> 290mm(w), 400mm(h) ¥25,000


e0153357_14374296.jpg















<PUSH MAN ブックエンド> 1個130(w)mm, 80mm(h) セット¥5,000


e0153357_1439632.jpg










<テーブルトップの小物入れセット> PUSH MANにどんな仕事をさせるかはあなた次第。四角の小箱は既製の一合升を塗装したのですが、「一合」と焼きごてが入っているのを消すのに苦労しました。
180mm(w), 230mm(h) セット¥5,000


e0153357_14411421.jpg















<PUSH MAN筆立て> アールデコ調を狙ったのですが・・・。 189mm(w), 115mm(h) ¥4,000
[PR]
by love-all-life | 2011-11-15 14:49 | 「モノ」がたり | Comments(0)

HAND & SOUL「モノ」がたり 82 <プッシュマン登場>



e0153357_1001492.jpg






本屋の店先にカレンダー手帳が並ぶ季節になりました。
定職を離れて4年近くなるのに、長年のクセでしょうか、毎年買ってはみるもののもはやダイアリーの記入欄が真っ黒くなることはなく、それがなんとなく後ろめたく感じられます。
それならいっそのこと手帳を持たなければいいじゃないのと家人から言われると、今度は自分の存在がこの世から消えてしまうような不安感がつきまとう・・・つくずくこの歳なってまだ自立していないなぁと、ひとりぼやきがでます。
こんなのんきに隠居暮らしをしていていいのだろうか? もう少し世の中のお役に立つことはないのか・・・
つらつらうつうつパソコンをいじくっていたら突然出現しました。

e0153357_1004836.jpg








なにやらひたむきに押す姿、一生懸命だけどどこか間抜けた感じは、何を押しているか自分でもよく分かっていない風です。オレがオレがのこの世に、ひたすら何かを支えようと黙々と手を伸ばす「縁の下のチカラ」人間。それでいいんだ、本当は自分の姿でありたいと、ジイジの内心が生み出した化身でしょうか、名付けて「プッシュマン」。

このモチーフがちょっと気に入って、作品づくりができそうだと、まずはテーブルスタンドを作ってみました。

e0153357_10131100.jpg




















PUSH MAN テーブルランプ 290mm(w)×400mm(h)
[PR]
by love-all-life | 2011-11-06 10:15 | 「モノ」がたり | Comments(1)

臨時休業のお知らせ

11月6日(日)は、都合により臨時休業とさせていただきます。
[PR]
by love-all-life | 2011-11-03 17:15 | 臨時休業 | Comments(0)