HAND & SOUL

<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

バアバの「雛展」間近

e0153357_23271931.jpg

























バアバこと内藤三重子の「雛展」が近づきました。
バアバがお雛さまをつくり始めて12、3年ほどでしょうか。最初は流木の胴体にアイスクリームのスティックを手足にして、手持ちの手拭でつくった着物を着せて、初の女孫のためにつくりました。それを見た次男の友だちにせがまれて翌年娘さんのためにつくり、またそれが次のリクエストに繋がり・・・といった具合にだんだん数が増えて、毎年展覧会をするようになりました。鎌倉や長岡の何カ所かで展示していただいていますが、幸か不幸かどれも人手に渡って、結局手許にはバアバのお雛さまは一体も残っていないのです。

e0153357_23283263.jpg








最初の雛をつくった孫もいまはバトミントンの部活に明け暮れ、よしもとばななを愛読する中学生。バアバの雛づくりもいまやベテランの域に達したかというと、必ずしもそうではないようです。
毎年梅雨が明ける頃からお雛さまにかからなくてはと言い始めて、実際に手が動き始めるのが秋。桂の角材で頭を彫り、小さな手足を何組もつくりますが、毎年少しずつ形が異なるのです。同じものができないのではなく、つくらないようにしている風なのです。やがて長年人からいただいたり集めた古布を押し入れから出して眺めて過ごし、江戸期の布を観てはやはり古い布はいいわねぇとため息をつくのです。お雛さまの着物づくりにはとても長い時間をかけ、目が悪くなったとか歳ねぇとか言いながら、着せ替え遊びをする少女のように楽しんでいるように見えます。
この間ジイジはなす術も無く、これで会期に間に合うのかとハラハラするばかりですが、ただ分かってきたのは、バアバのお雛さまの人気は、いまだに最初のお雛さまをつくるときの作者のためらいや逡巡のような趣をわずかに留めていて、どこかにただよう未完成の初々しさみたいな魅力から生まれると感じるようになりました。それはあたかも人のチャームが完全無欠な美からではなく微かな欠点から生まれるように。
本人は「上手につくろうと、いつも思っているのだけど」言っておりますが・・・

展覧会のご案内
内藤三重子の「雛展」1月31日(火)〜2月5日(日) TAMBOURIN GALLERY (http://tombourin-gallery.com)
[PR]
by love-all-life | 2012-01-21 23:39 | 「モノ」がたり | Comments(0)

道路はキャンバス?

e0153357_2331167.jpg








前回に続いて景観についてもう一言・・・
誰だったか、何処でだったか「日本人は美しさを指向するすばらしく繊細な感性をもっているが、同時に醜いものに対して恐ろしく鈍感だ」という外国人の言葉を読んだ記憶があります。
花鳥風月を愛で、町の普通のオジさんオバさんが身のまわりの些細な自然の美に目と心を向けさらりと五七五の短詩を詠む。一方で、窓には布団や洗濯物がぶら下がり、街には看板と電線がところ構わず醜く氾濫していても誰も文句ひとつ言わないというのです。

いまHAND & SOULの店先で起こっている周辺の変化を見ていて、ついこの言葉を思い起こさずにはいられません。
主のいなくなった古いお屋敷が取り壊され、分割分譲宅地となって、どうして許可が下りたのか不思議なほど狭い敷地一杯に住宅の建設が始まります。これらの新築家屋が環境を醜くするか美しくするか、それはまだ結果が出たわけではありませんが、ひたすら後者であって欲しいとハラハラしながら願うばかりです。
しかしもう結果が出ている部分もあります。それは道路です。建設のための重機が入り、水道管、ガス管工事で道路が掘り返されます。それも水道工事が終わって埋め戻されると、今度はガス工事で掘られるのです。4軒の家が建つとすると同じことが4回繰り返されるのです。

e0153357_231240.jpg






























このブログを書いている時点で4軒のうち3軒の工事が進んでいますが、周りの道路は写真のような有様です。
以前はすっきりした舗装道路だったところがご覧のような姿になり、もうこれが原状復帰されたり化粧されることはないでしょう。なぜならこんな道路は日本中いたるとことにあるのですから。みんな馴れっこになってしまって、このような道を見ても怒る人はいません。
しかし、人の家の廊下の板を剥がして、全く異なった素材や色の板で補修して、おまけに落書きまでして、サゴメンイの一言も言わないでは済まないはずです。ところが天下の公道ではこれが許されているのですから、外国人から「醜さに鈍感」と言われても仕方がありません。

路上のパッチワークアートのコンクールならかなりいい線いくでしょうが、高い文化の香りと匠の技で世界遺産の登録を目指す鎌倉でこんなことが許されてもいいのでしょうか? 市長さん。
[PR]
by love-all-life | 2012-01-16 23:07 | 時事・社会 | Comments(2)

ペリグーの標識

e0153357_16572546.jpg






テレビのBSチャンネルが増えて、各地への旅行番組を選んで観ることができるようになりました。
海外へ出ることがめっきり少なくなったこの頃の楽しみのひとつです。
そんな番組を観て感じるのは、欧米とくにヨーロッパの街の美しさです。この現代によくもこんなに美しい景観を保っていられるものだと感心することがしばしばです。水も緑も豊かな日本の自然は世界に屈指ものですが、街が美いと感じることは極まれです。
人の生活が街を美しくするとはどういうことなのか、街を美しくする人の暮らし方というのがあるのだろうか、長い間この答えを見付けたいと思っていました。ところがこんな疑問に目からウロコの映像に出会ったのです。
それは先日観た「ペリグー」というフランス南部のボルドー近郊の街を探訪する番組でした。この地はフォアグラの産地としてグルメにはよく知られているようですが、近くにカトリックの聖地があることで巡礼の街道町として古い歴史を保つ観光地でもあります。
そんな町中をカメラが探っていくなかで映し出したのが小路地の石畳です。中央の敷き詰めた石の間に小さなホタテ貝の形のレリーフが埋め込まれてます(写真)。その金属のレリーフは長年にわたって人馬や車に踏まれ、擦られツヤツヤしていて、地面に埋め込まれた街のアクセサリーのようですが、それはここが巡礼路であることを示す道路標識なのです。
えッこれが道路標識!なんと美しい道路標識なのだろう!

e0153357_16575437.jpg








一般的に道路標識といえばまずは見やすく、老人でも子どもでも間違いのないように解り易くなければならないとされています。自動車道路ともなると高速の移動中にも視認できるようにと相当の大きなものになります。誤解のないようにとの老婆心か親切心からか、国で設置するもの、市で設置するもの、私製のものも混ざって各種の標識が立ち並びます。その上サイン類としては、さらにその何十倍、何百倍の一般の商業看板がこれ見よがしに街中に氾濫しているのですから、これらがの日本の街の姿を形づくっているといっても大げさでないくらいです。
それに比してペリグーの貝型の標識のなんと慎ましやかなことか。これでは見つけにくいとか、解るだろうか?といった批判はいろいろできますが、これが何百年もにわたって実用されてきたという事実はとても重いと思うのです。

そもそも標識やサインというものは、その場所、その道に不案内の人のためのもので、そこで生活している人にとって必ずしも必要なものではありません。言い換えると、人は常にたまたまにそこを訪れるよそ者のために設けられた標識類によって、古来から存在しているその地の景観を汚されるという皮肉のなかで生きているということでもあるのです。
ペリグーの貝型標識にはこのような皮肉を寄せつけない古人の英知の存在を感じますし、何でも解り易ければよい安全が第一といった短絡的な価値基準を超えた人の知的能力への信頼、先人の歩みを大切にするこころ、そしてなによりも街の美しさへの敬意を感じます。考えてみると日本でも昔は一里塚や、家の入り口に石を一つ置いて立ち入り禁止の印にするといった周囲の環境に美しく溶け込む標識のアイディアがありました。
細かくこころを砕いたり、頭や時間や手間をかけるより簡単で解り易い方がよいとする態度が、識字率も教育程度も世界トップレベルの日本で大手を振っているというのは、もう一つの皮肉というよりほかありません。
[PR]
by love-all-life | 2012-01-13 17:04 | 時事・社会 | Comments(0)

ボクのおじさん、ベン・シャーン

e0153357_1729185.jpg










葉山の神奈川県立近代美術館で「ベン・シャーン展」を観てきました。なんだか昔ずいぶんお世話になったおじさんに再会したような気分でした。

ベン・シャーンに初めて出会ったのは芸大の学生時代です。大学に入ったものの将来どんな方向をめざすべきか、もやもやしていた時分に、アメリカの雑誌に掲載されていた彼のイラストレーションをみて大きな刺激を受けたのが最初だったと思います。そのころはまだイラストレーションという言葉はそれほど一般に使われていなくて、挿絵と言われていましたが、その絵はこちらが抱いていたいわゆる挿絵というものとは随分違っていました。絵が文章の解説や絵解きをするというのではなく、それ自身で勝手気ままに表現しているように見えますが、文章だけでもない、絵だけでもない新たなイメージの世界が生み出されるという風です。それはイラストレーションというものの本来の姿に初めて触れた瞬間であったわけです。
アメリカの「サッコ、ヴァンゼッティ事件」やフランスの「ドレフィス事件」といった冤罪事件の存在を知ったのも、社会派としての彼の作品を通じてでした。
その後レコードジャケットのデザインなどで彼の作品を目にすることがあると、その表現に魅せられてジャケット目当てでレコードを買ったりもしました。
独特にデフォルメされたフォルムや、ツヤを押さえた色彩も好きでしたが、何と言っても線の魅力のとりこになりました。なだらかな面をラインがスムースに流れるのではなく、土の道をあるときはよろめきあるときはつっかえながら歩くような、しかし進むべき道は決して外さす流れる線。それは1本の線としても魅力的ですが、集合体として交叉したり並走したりするとき一層ベン・シャーンそのものになります。

e0153357_1730339.jpg

ベン・シャーンがアメリカを代表するアーティストとしての高い地位をゆるぎないものにしたかと言えば、必ずしもそうでもないのはやや意外ですが、それはタブローを中心に展覧会を通じて評価を高めたというより、活動の場がポスターやLPジャケットやエディトリルデザインなど多様だったからかもしれません。今回の展覧会も「ベン・シャーン=クロスメディア・アーティスト」として紹介されているのもそのためでしょう。デザイナーに限りなく近いアーティストという意味で、ジャクソン・ポロックやアンディ・ウォーホールのようなアートの主流とは看做さていないのかも知れません。
日本でもベン・シャーンは画壇でというより、デザイン界でいっそう知名度も評価も高く崇拝者も多いように思います。それは商業資本の手先として大衆迎合の表現が強要されがちなデザインの世界において、人の心にある美や文化への欲求を満たすデザインがあるということを示してくれたのがベン・シャーンであり、デザインがアートの一分野であることを覚醒させてくれ、多くのデザイナーが勇気づけられたからだと思います。

e0153357_17312454.jpg










ジイジは学生時代に買った彼の画集を大切にもっていますが、いまそのページを開くと印刷されたものではないインクのシミがあちこちについています。それらはジイジがベン・シャーンの作画を追体験しようと画集を横に置いて模写したり試作をした痕跡なのです。
ジイジの大学の卒業制作は「イソップ物語り」の絵本だったのですが、いま改めて眺めてみるとベン・シャーンにずいぶんいかれていたのだぁというのがみえみえで、それについてはちょっと気恥ずかしい気持もありますが、ベン・シャーンを教材にしたことについては密かな誇りでもあるのです。その作品が結果的にその年の卒業制作に与えられる「プランタン賞」をいただいたのですから、「Thank you, uncle Ben. 」です。
[PR]
by love-all-life | 2012-01-07 17:40 | 文芸・アート | Comments(5)

あけましておめでとうございます

e0153357_16313317.jpg




なにかと多難で騒がしかった年が去って新らしい年が開けました。子どもの頃お正月というと、旧年の悪いこと嫌なことがリセットされて、真っ白な新しい紙に新たな日々を刻むスタートの日というイメージでした。今年こそはと、新しい日記帳を机の上に用意したり、挨拶をきちっとするぞなどと、いろいろな決意をしたものです。またそのような気にさせる正月らしい儀式が存在していました。
元旦の朝は皆が早起きして一家全員で挨拶を交わし、子どももお屠蘇の杯を廻され、女達が大晦日の晩遅くまでかかって用意したおせち料理のお重を卓上に並べて、ひとりひとり名前の入った箸を使い、カズノコやスルメやゴマメや昆布巻きや黒豆がおせち料理にある由来などを聞きながら、子孫繁栄、家族の長寿や健康を願ったり、仕事の尊さなどを教えられたりしてるうちに、「今年は良い子になるぞ」などと決意を新たにしたものです。
ひらがなが読めるこどもは百人一首のカルタとりに加わります。意味も解らずひたすら歌を丸暗記するうちに、日本の言葉や雅の雰囲気の一端を体感します。「む・す・め・ふ.さ.ほ.せ」で始まる句は1枚しかないから、読み手の1語が発せられた瞬間に手が出せると教えられると、反射神経では負けない子どもは結構大人と競うことができるのです。

こんなお正月の姿がだんだん薄らいできたのは、核家族化や、住まいからお座敷がなくなってきたという事情もありますが、戦後テレビでNHKの紅白歌合戦が始まり、子供たちが大晦日の深夜まで起きているようになってからのように思います。家族が勝手な時間に起きるようになり、朝の儀式が簡素化され、年代別にそれぞれが別な楽しみ方をするようになりました。
お正月から文化の伝承という意味合いがなくなれば、「紅白」を観ても誰がだれだかさっぱり分からず、若者達のゲームに全くついていけない老人は端役の端役に転落するしかありません。

e0153357_16321756.jpg








それでも、元旦の朝、孫たちを連れて出掛けた近所の銭洗弁天への初詣では、家族の無病息災と東北で被災された方々の復興を祈念し、引いたおみくじはなんと「大吉」! <願望(ねがいごと)>は「段々吉運に向かひて思はず早く叶うべし」でしたし、<商法(あきない)>では「ひそかにすれば吉」とあるではありませんか。まだ神様は吾を見捨て給わずです。

e0153357_16335848.jpg








この写真、元旦に目にしたでなかで最も正月らしく威儀を正した装束です。弁天様に中年の女性のお供で初詣に連れられてきたワンちゃんです。紋付の紋が丸に一の字で、なんとわが家の家紋と同じなので驚きました(ただし、横一文字は骨でしたが)。
[PR]
by love-all-life | 2012-01-02 16:41 | その他 | Comments(3)