HAND & SOUL

<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

残暑お見舞い

e0153357_20233712.jpg






連日35度を超える猛暑が続き、このまま9月を迎えそうな気配です。熱中症による死亡者数が毎日ニュースで報道され、暑さへの予防対策が連日話題になり、電力不足が懸念されるなかエアコンの室内温度設定は何度くらいと教えてくれる親切さです。
高齢化社会がもたらす新たな現象という面や、自然災害でひどい目にあった体験ということもあるでしょうが、どうも社会全体が「親切過剰」で、「安全」に対していささか過敏になり、人々は「過保護」を過保護を感じず、保護されることを権利として主張して当然という風潮です。福祉社会、安心安全社会を目指すとはこういうことなのでしょうか。

昔も熱中症(という病名はなかったにしても)で倒たり死んだ人もいたかもしれませんが、こんなに表沙汰になることはありませんでした。
それだけ人々の暮らしに無神経で野蛮な社会だったのでしょうが、だから人々は自分で身を守る工夫と賢さを持たざるを得なかったのに反して、今は、誰かが気をつけてくれている、面倒をみてくれるということで、皆が肉体的にも精神的にもヤワになってしまったような気がしてなりません。

夏が寒ければこれは異常ですが、暑くて何が異常?というのが昔から生きているジイジの率直な気持です。
日照りの海岸の砂で足の裏をやけどしそうになったり、クラゲに刺されたり、炎天下のなか滴る甘い水に負けじとアイスキャンデーを食べ急いで上あごに痺れる痛みを感じたり・・・これらは輝く太陽の光や熱がもたらす命あるものへの恵みや思いっきりの解放感についてくるちょっとしたオマケとして、全部を含めて「夏」なのだとしてきました。
夕方には路地に打ち水をし縁台を出してステテコに上半身裸のおじさんが団扇片手に将棋を打つというような、自然のなかに上手に身を置く光景は、いまや寅さんの世界か老人のノスタルジーの中だけになりました。

夏だけでなく、とりわけ日本では、春夏秋冬それぞれの季節がもつ固有の気象条件がもたらす風情や美しさを歓迎し、厳しさ辛さも併せて受け入れ、詠い、描き、踊り、言祝ぐ文化を育んできました。
ところが昨今は、辛い面を打ち消す努力ばかりが進歩の名の下にお金と科学技術が注ぎ込まれ、結果的に人々の感性も体力も精神力も萎えてきているのではないかというのがジイジの憂いなのです。
冷房の効いた部屋で冷蔵庫から出して食べるスイカと、炎天下の渓流で冷やしたスイカとどっちが美味しいか、好みはまちまちとしても、どっちが幸せを感じるかということになれば、これは後者でしょう。
自然を相手に保護され安全地帯に身をおいて、痺れるような快感を味わうことはできません。

こんな軽口が叩けるのもお陰さまで健康だからこそ。
皆さまにもくれぐれもご自愛のほどを。


写真:「風神雷神」俵屋宗達
[PR]
by love-all-life | 2012-08-24 20:34 | 自然 | Comments(1)

小さなハゲの教え

e0153357_22365946.jpg






8月15日はバアバの誕生日ですが、世の中一般的には67回目の終戦記念日です。
戦争の体験者、原爆の被害者が年々高齢化するなかで、生きた過去の歴史を風化させないように記憶を語り継いでいこうという機運が高まっていることは結構なことです。
ジイジが大学で教鞭をとっていたとき、敗戦直後の貧しい日本社会に雪崩込んできたアメリカ文化がいかに輝かしく見えたかを伝えようとしたところ、ある学生に「え?日本ってアメリカと戦争したことがあるんですか?」と聞かれて、腰を抜かさんばかりに驚いたことがあります。
すでにジョン・レノンの命日としての12月8日以外を思い浮かべる若者は少数でしょう。風化は恐ろしいい速度で進んでいるのです。

人と同じでどの国でも、歴史というものを自国の輝かしい実績や苛酷な試練で語りたがりますが、不正なこと卑劣な面は過小評価しがちです。
だから戦中・戦後の体験談となると、さすがに戦の自慢話は表向きは出てこないにしても、失敗の経験や加害者としての告白は概して少なく、いかにひどい目にあったかという被害者の視点からの記憶集めという傾向を帯びます。
戦争体験に関わる報道が、戦争勃発の12月8日周辺より8月6日の原爆被災日や敗戦の8月15日周辺に集中するというのもこのことと無関係ではないでしょう。
イジメられた口惜しさは決して忘れないが、イジメた経験は早く忘れたいのです。
ジイジが中学生のとき、ある日下校の途中で待ち伏せられて石を投げられ頭にケガしたことがあります。ことの起こりが何であったか忘れましたが、石を投げた相手の名前もその時の痛みも鮮明に覚えています。出血がひどかったので問題になり、あとで加害者の少年が親に連れられ謝りにきました。60年前のことです。彼はいまは同窓会の永年幹事をする世話好きのなかなかいい奴ですが、同窓会での会話から彼の頭のなかからこのイジメの記憶がすっかり消えていることは明らかです。

イ・ミョンバク大統領が竹島に上陸し韓国の占有権をアピールしたと思ったら、今度は「天皇が韓国訪問を希望するなら、抗日運動による犠牲者へ謝罪してからにしなさい」と発言する事態が起こりました。日本に対して柔軟な姿勢をとってきたのに、従軍慰安婦の問題などで日本側からの歩み寄りが一向に見えないことへのいら立ちが原因だとか、不利を噂される大統領選をにらんだ上の対策だなどと憶測されていますが、これからの日韓関係の悪化が懸念されます。
これも、足を踏んだ側はとうに忘れていても、踏まれた側は決して忘れることはないということの事象の典型でしょう。
やれやれ、いつまで謝れば気が済むんだというのが多くの日本人の本音でしょうが、謝ったじゃないかという言い分で被害者が納得することはまずないということを前提で外交をすすめる以外に解決への道はないと、ジイジの頭の傷跡の小さなハゲが教えてくれます。

写真:終戦。皇居前で土下座する人々=1945年8月15日(毎日新聞)
[PR]
by love-all-life | 2012-08-15 22:43 | 時事・社会 | Comments(0)

吉田秀和さんを偲んで

e0153357_1461497.jpg










この5月に亡くなった音楽評論家・吉田秀和さんの文章のなかに「彼は息を引き取った翌日に死んだ」という言葉がありました。
指揮者というものは世界最高の名声を得ていても、死後それを保ち続けることはフルトヴェングラーやカラヤンといった例外的な存在を除いてきわめて稀であることをについて述べている文章で、かくも名声を博したカール・ベームが、没後レコードの売上が落ちたことについて、ドイツ・グラモフォン社内でささやかれた言葉として紹介れていたものです。
うーん、うまいこと言うなと感じましたが、このところの吉田秀和さんの死を惜しむ数々の報道などをみて、吉田秀和は「彼は息を引き取った翌日に生まれた」との感があります。
吉田さんは文化勲章をもらった日本を代表する文化人ですし、ここ鎌倉でも故平山郁夫さんなどとならんで地域の文化的風土の支えのひとつとして市民の敬意の対象ではありましたが、音楽評論というジャンルは、自らなにかを創造する仕事に比べて社会的に地味な存在だったという感は否めません。
しかし吉田さんの訃報がかくも社会的事件のように扱われ、追悼のテレビ特別番組まで放映されるに及んで、彼がより巾ひろい人々の意識の中に新たな命を与えらて存在し続けるのではと感じられて、ファンの一人として、喪った彼を惜しむ気持が癒されます。

ボクは音楽を聴くことはあっても、オタマジャクシはまったくダメ、だから楽器を操ることはおろか歌ひとつまともに唱うこともできません。だから吉田さんの音楽評論はそのごく一部しか理解できていないと思いますが、それでも読書家でもないボクが吉田さんの著書を愛読するのは、吉田さんの文章が、専門の音楽評論に止まらず広く造形芸術の分野や社会現象や相撲や身の回りの暮らしと多岐に及んでいるのと、そのどれもが傾聴すべき意見として訴える力を持っていながら、ひとつひとつの文章が言葉で綴る音楽のような快い響きを持っているからです。
それはあたかも音楽が背後に構成や組立てや論理があるにしても、それらに関係なく人の心に直に働きかけ、心地よい響きとして感じられ、われわれに知的興奮や感動を与えるのと似ています。このことこそが吉田さんが超一流の音楽評論家である証であり、かつ優れた文学者であるとボクには感じられるのです。
このところ図書館で「吉田秀和全集」を1冊づつ借りてきては、ぽつぽつと読むのを楽しみとしています。吉田さんの文章の多くは、かって新聞や雑誌などに掲載された評論が主ですので、ひとつの文が短く、これもボクが吉田さんの著作を好む理由のひとつです。
何かの時間と次の時間に移る狭間に吉田さんの本を開いて一つのチャプターを読む時間は、まるでお気に入りの小径を散歩するような快感を覚えます。そうすると路地の角から見覚えのある白髪の吉田さんがヒョイと現れるのではないかとの期待を抱きながら。
[PR]
by love-all-life | 2012-08-08 14:19 | 文芸・アート | Comments(0)

HAND & SOUL「モノ」がたり 94 <佐助のさんぽ市>

e0153357_175425100.jpg








今日から始まる「佐助のさんぽ市」用のアクセサリー・キットやサンプル作品づくりに昨夜は遅くまでかかってしまったので、今朝6時半からのラジオ体操に100メートル近い裏山の葛原が岡神社の境内まで行くのはつらかったのですが、夏休み中の孫との約束なので仕方がありません。
やっと出来上ったサンプル作品の撮影もしなければとあせる気持を抑えながら体操をしていて、ふと見ると境内の一隅に大きな木を伐採した新鮮な切り株が目に入りました。!あそこの上に置いて撮影しようと決めて、ラジオ体操のリーダー格の神社の住職(というのかしら?)にお願いして許可をもらいました。
一旦山を下り朝食を済ませて、カメラと作品をもって神社の境内に戻り撮影をしていると、住職がやってきて「あんた、こういう細工をやってんの?」と声をかけてきました。このところ毎朝ラジオ体操で顔を合わせていても先方はこちらが何者か知るはずもなく、いつも女の子を連れて来るおじいちゃんでしかないわけでが、はじめてこちらの正体の一部を垣間みたということでしょうか。それにしても「細工」ということばは嬉しかったなぁ。

e0153357_1825437.jpg










凧糸に、篠竹や小枝をカットしたビーズや貝殻、サンゴのかけら、松ぼっくりの片などを通してつくるネックレスです。特別の道具を一切使わずに簡単につくれるキットをつくるのに一苦労しました。

e0153357_181031.jpg







フランス製のかわいい安全ピンに、丸い木のビーズや、PEACEという文字や、LOVEや、模様を描いた木片をピンに通して繋げたブレスレットです。作業はいたって簡単な割に仕上がりのオシャレ感はなかなかのものです。左は、竹の輪切りのパターンの板片と、箱根の寄木片を鉄板に接着したブローチです。

e0153357_183261.jpg




それぞれの部品で一度完成品をつくってみて、それをバラして、袋に小分けして、説明書とセットにして販売品となります。やれやれ、完成品だけで販売した方が手間はよほど楽ですが、そこは「手づくり体験」が売りなのですから仕方がありません。
[PR]
by love-all-life | 2012-08-03 18:05 | 「モノ」がたり | Comments(0)