HAND & SOUL

<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

HAND & SOUL「モノ」がたり 98 <言葉なしで見る>

e0153357_1016026.jpg








バアバがお客さんからの注文でフリースを素材のベビー服をつくっていたら、その横で孫たちが、余ったフリースの端布で遊んで絵をつくりました。
もう5年ほど前ですから女の子のHが小4年、男の子のRが小2年だったでしょうか。バアバが使い残した切れ端の布で無心に遊んだ結果は、「おッ、かわいいね」と思わずこちらの顔がほころぶ作品でした。もちろん彼らに作品をつくっている気負いも意識もありません。その証拠に半時もしたらつくりかけのモノを放ったらかして別の遊びに興じます。
5年たった今、もはや彼らが同じような「かわいい」作品をつくることはなく、もっぱらスマホの画面に見入って一日の多くの時間を費やしています。

幼稚園児や小学校低学年児童の絵画に見られる、大胆な色づかいや、大人には思いもかけない表現の発想というのはどこから生まれるのでしょうか。
多分それは生まれてくるというより、人はみな生まれつきそういう能力をもっていて、歳とともに失われていくという方が正しいようです。
小林秀雄は、大人から瑞々しい感性が失われてしまうのは、言葉でモノを捉えるからだと言います。何かを、あッ、美しいなと感じた次の瞬間に、「なんだ、スミレか」と気づき、その正体があきらかになった途端に最初に開いた感動のドアは閉じてしまうというのです。つまり理性が感性を妨げるということです。
幼児のように言葉の邪魔が入らないまま素直に花を見続けることは大人には極めて難しいことで、画家は、大人になっても、幼児のように花を見ることができる人なのだと言っています。

とうが立ってしまった大人であり、画家でもないジイジとしては、幼児のように素直な気持でモノづくりをしたいと念じても、絶望的にならざるを得ないわけですが、せめて「虚心で見る」眼をなんとか維持したいものだと思っています。さりげないモノ、なにげないモノ、誰もが見過ごすモノ、みなが汚いと避けるモノ、いわゆる「美しい」とされないモノのなかに隠れたダイヤモンドに気付く「眼」を持っていたいと思うのです。

e0153357_10195894.jpg















というわけで、身内の作品をダイヤモンド呼ばわりするつもりはさらさらありませんが、孫がむかし何気なくつくった「かわいい」布の貼り絵を、孫だからというのではなく、「どうです、なかなか面白いでしょう」と、見てもらいたいと思いました。そこで写真にとって、ちょっと文字を入れて(このへん、大人の理屈づけから抜け出ていませんが)、Tシャツにプリントしてみました。
これって、やっぱり親馬鹿ならぬ、ジジ馬鹿ということになるんだろうなぁ。
[PR]
by love-all-life | 2012-10-30 10:27 | 「モノ」がたり | Comments(0)

猫の額は狭くて広い

e0153357_11352978.jpg










長年の夢でありながら、いつまでも実現しないのが「家庭菜園」です。いや、庭はないことはないのです。猫の額ほどですが、小さな花壇まがいのスペースがあり、毎年土をほじくったり、種や苗を植え付けたりしてはいるし、肥料だってたまにはやってはいます。しかし、いつまでたっても「菜園」という体裁にはならないのです。
うすうす原因は分かっているのです。まずは土づくりを徹底してやらないこと。花のこと、野菜のことを然るべき参考書でちゃんと勉強しないこと。それでいて結果にはこだわるくせにプロセスにこだわらないこと。資金を充分注がないことなどです。ま、これだけ理由があれば「菜園」などと口にする資格はないことは重々自覚してはいるのですが、でも、やっぱり「隣家の芝生」を見てしまうと・・・。

今年は、トマトの苗を2本植えましたが、やっと数個の実が色づきはじめたと思ったらすべてカラスにやられ、カボチャは花は咲いても雄花ばかりで実をつけることなく萎れてしまい、園芸店でずいぶんいろいろな花の苗を買って植えましたが、どれもこうなるだろうと思っていた期待値の半分くらいしか花をつけないし、高温つづきと台風の塩害でラベンダーもローズマリーもすっかり弱ってしまったし、とぼやきの種は尽きません。

そんななかで唯一の収穫らしい収穫はバジルでした。5月に買ったバジルの苗がよく育ちました。朝、そっと葉に触れたときに発する香りは爽やかな一日を約束してくれるかのようです。バジルが添えられるだけでトマトは味も見た目も価値が倍増するように感じられ、自家製の自然の恵みを味わうことができました。
9月に植え足した苗も今年の高温つづきでよく育ち、先週それらの8割ほどを採ってバジルペーストにしました。


e0153357_1143280.jpg自己流ですが、バジルペーストの作り方をご紹介しましょう。
バジルの葉っぱだけを獲り、水洗いし水を切ります。中くらいのザル一杯の葉っぱに対して、アバウトですが、コップ半分くらいのオリーブオイル、松の実コップ3分の1、小さめのガーリック1個、塩をバジルの葉と一緒にミキサーにかけます。上からスリコギのようなもので軽く押さえながらどろどろのペースト状になるまでミキシングします(パルメザンチーズやコショウを入れる人もいるようです)。
ジャムやスパゲッティソースなどの空き瓶を熱湯煮沸して乾かし、冷やしてからペーストを詰めて蓋で密封し、冷蔵保存します。蓋を開けておくとペーストは茶色く変色します。ポリ袋に平に入れて冷凍し、板状になったペーストを割って使う手もあります。
バジルペーストの使い方としては、まずバジル・スパゲッティでしょう。うちのやり方は、フライパンにオリーブオイルをひき、鷹の爪少々、みじん切りのガーリックを加えて軽く炒め、固茹でのスパゲッティを入れ、バジルペーストをからめで、アンチョビーと塩コショウで味を整えて仕上げます。これはいつ食べても、何回たべても飽きません。
その他ピッツア、トマトサラダなど、イタリア系テーブルには欠かせませんし、ガーリックトーストの香り付けにぴったりですし、ただのトーストにバターと一緒に塗ってもいけます。オムレツの上にひと塗りしてもグーです。

e0153357_1137396.jpg














今回つくったバジルペーストのビンには「from CATBROW GARDEN Sasuke Kamakaura 2012/Oct.」と入れたラベルを貼りました。因みにCATBROW GARDENとは「猫の額の庭」の意です。
大きなビンは自家用、小ビンはどちらかへのクリスマスプレゼント用です。

バジルペーストつくりが終わって、さて今年のガーデニングは一段落、来年の春までのんびりできるのかと思いきや、カレル・チャペックの「園芸家12ヶ月」の10月のページを開いてみたら、なんと、「園芸家は諸君に言うだろう。10月は4月と同じくらい楽しい月だ、と。このことはぜひ知っていてもらわないと困る。10月はじめて訪れる春の月、地下の芽がうごきだし、ふくらんだ芽がのびはじめる月だ。(中略)だからすべての月のうちでも10月は、とくに植え付けと植え替えの月だ。」ですと。
やれやれ・・・・

カット・イラスト:ヨゼフ・チャペック
[PR]
by love-all-life | 2012-10-21 11:43 | その他 | Comments(0)

HAND & SOUL「モノ」がたり 97 <アナログは永遠なり>

e0153357_2146698.jpg





ご近所に住む長年の友人Iさんから、「おふくろが使っていた古いシンガーミシンがあるんだけど、お宅で要るならもらってくれる?」と話がありました。おばあさまの代からI家で使い継がれてきた年代ものとのことです。
「いります、いります」と二つ返事で有り難く頂戴することにしました。というのも、以前に古いシンガーミシンの脚でガーデンテーブルを作って好評だったことが頭にあったからです。

e0153357_2146646.jpg













いただいたミシンを家に運び上げて見ると、年代ものらしく百戦錬磨のエイジングがかかったなかなかの貫禄です。
上下の車輪を繋ぐベルトが切れている以外はさしたる損傷は見当たりません。
ならば、解体してモノづくりの素材とする前に、ミシンとしてのお付き合いがどこまでできるか、やれるとこまでやってみることにしました。

まずは、ベルトを新調して機械の動き具合をみてみようと、最寄りのシンガーミシンの取扱店に写真を撮ってもっていったところ、「この手のネット模様の脚のものはアンティック愛好家に人気の機種なんですよ」と言うではありませんか。
シリアル番号「Y1326328」を手がかりにWikipediaで素性調べをしてみたところ、次のようなことが分かりました。

e0153357_2147766.jpg



このミシンは1923年にスコットランド/クライドバンク工場で製造された約86万台のシンガーミシンのひとつであること。この年にはアメリカ、ニュージャージ州/エリザベス工場でも84万台が製造されたことが資料から分かるので、おそらくシンガーミシンの製造が最も盛んな時期のものと考えられます。つまり、知る人には昔懐かしいシンガーミシンの最も典型的なモデルのひとつなのです。
1923年生まれとすると、今年89歳、この世での大先輩です。1923年といえば、大正12年9月1日の関東大震災の年です。
シリアルナンバーからみて、この年の後期の製造とみられるので、ちょうど日本が大災害に喘いでいる時期にスコットランドで生まれ、復興の鎚音高い日本へやって来たものと思われます。
震災後およそ9万台のミシンが日本に輸入されているとのことですから、壊滅した首都圏の復興に呼応して進んだ近代化の流れのなかで、この種のシンガーミシンは日本人の「衣」が和装から洋服へと転換するのを大いに後押ししたのに違いありません。
「相手を知ることが仲良くなる秘訣」の通り、だんだんこのミシンに愛着が湧いてきて、念入りにクリーンアップに取りかかりました。出てくるホコリも年代もののアンチックと思うと、なんだかおろそかに扱いかねて、丁重に塵取りで掬いとってゴミ箱にうやうやしく納めるという感じになります。

このミシンがわが家にやってきて面白い発見がありました。小5の孫娘と、中1の孫息子が「わーッ、かっこいい!」とミシンに取り付いて離れないのです。
ペダルを踏む力加減に応じて車輪の回転速度が変化する(この当たり前の)ことに感動していますす。鉛筆ひとつ削るのも鉛筆削り器を使うよう学校から指導されて育った彼らデジタル世代の体内にも、手加減とか塩梅によってしか得られない感触を快感と感じるDNAが組み込まれているらしいのです。
「やっぱり、人間の道具はこうでなくちゃ」と、したり顔のジイジ、日頃のデジタル機器での肩身の狭さを忘れて俄然元気なバアバ、母親の威信にかけてミシンの解説をするママ、ただただ夢中にミシンにしがみつく孫娘。三世代の女性を惹きつけて離さない吸引力は、さすが名器というべきでしょうか。

e0153357_21475059.jpg
[PR]
by love-all-life | 2012-10-13 21:48 | 「モノ」がたり | Comments(0)

「子供のケンカに親が出た」

e0153357_10564934.jpg








できればあまり考えたくもないのに、毎日「おまえはどうなんだ?」と、踏み絵を目前に突きつけられているような気持にさせられるのが、このところの離島の領有権の問題です。

竹島も尖閣諸島も法的に日本の領土であることは明白であるとする政府の見解にウソはないでしょう。しかし、韓国、中国いずれも、それはウソだと言い、過去に日本が犯した侵略の歴史の負の遺産だと猛烈に反発を強めています。
日本は国際法廷の場で正々堂々と議論しようではないかと主張しますが、相手国は応じる気配をみせないばかりか、昨今のニュースでは、英国他の外国報道スタッフが韓国の手引きで竹島に乗込み世界へ向けての情報発信をしたようです。当然、報道内容は韓国の実行支配の実態をドキュメントすることになり、国際世論の形成に韓国が実質的な一手を打った感じです。
わが政府はできるだけ冷静な対応に努めていますが、それが弱腰外交、敗北外交とする右寄り勢力へのシンパシーを増幅する結果となっています。

違った国との付き合いが人と人なら仲良くできるのに、国と国となると途端にぎくしゃくするのは不思議です。多分外交というものが国益を守ることを大前提にしているので、こちらの得は相手の損、相手の得はこちらの損というわけで、相手と不信の目を通してやり合うからでしょう。
もうひとつは国境というものの不思議です。いくつかの部族と羊が平和に暮らしていた広い草原に、国境という目に見えない一本の線が引かれたとたんに、人々は国籍という目に見えないレッテルによって区別され、そこで異なった国籍の相手と利害が対立するという幻想が生まれ、そして幻想はやがて実情となっていきます。

さて、国家とは何でしょう? 確認のためにウィキペディアにお伺いをたててみると、
「国家(こっか)は、領域と人民に対して排他的な統治権を有する政治団体もしくは政治的共同体である。」とあります。なるほど上記の不思議の謎が解けました。「国家」はその概念そのものに潜在的に紛争の種を宿しているのです。

ということで、尖閣の領有権の問題がこれほどこじれるのは、東京都知事の発言よって顕在化した摩擦が、総理の国有化発言で、『子供のけんかに親が出てきた』カタチとなり、双方ともに引くに引けない状況になってしまったのです。

「近代国家」の概念は、唯一絶対の正義が存在するとするヨーロッパで生まれたわけですが、国際紛争時には、双方が「正義は吾にあり」と主張し合うのですから、戦争が無くなるはずがありません。
日中、日韓の問題も、「ヨーロッパ流国家」の枠組みで争っている限り,解決は難しいのではないか、そういう枠組みを超える次元で話し合うということはできないものだろうか、と思います。

頭をよぎるのは、西洋の論理によって支配されて来たこの世界に、オリエントの英知を注ぎ込むことはできないものだろうかという考えです。
狩猟的発想から農耕的発想へ。古の老子の教えや良寛さんの生きざまを辺境の知恵として仕舞い込んでおかないで、グローバルの英知として国際秩序に役立てていくことはできないだろうかと思うのです。

どうでしょう、こう考えると近辺の国際紛争に、アジアらしい解決の糸口が見えてくるような気がしませんか。


写真:Wikipedia/Record China
[PR]
by love-all-life | 2012-10-07 11:02 | 時事・社会 | Comments(0)