HAND & SOUL

<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

生の短さについて

e0153357_12313339.jpg







ぶらりと入った本屋で「生の短さについて」というタイトルが目に飛び込んできました。
近頃なにかとこの手の表題が目につくのは、時間を持て余した高齢者が本屋の棚のまえでうろうろしているのを出版業界が見逃さず「老後の生き方」や「終末の迎え方」といった類いの本を並べるからでしょうし、それ以上に当方がそのマーケットのど真ん中という年齢だからでしょう。

著者は、あのローマの哲学者・政治家・詩人のセネカ! う〜ん,セネカか。その昔、美術大学の受験時代に石膏デッサンで胸像を描いた記憶がありますが、この名前にお目にかかるのはほとんどそれ以来です。
陰謀や裏切りや復讐、血や殺人など、権謀術数が渦巻く古代ローマの権力の頂点に常に寄り添いながら、毀誉褒貶の荒波に70年近くも漂いつづけた思想の巨人が得た人生訓が、この平和ボケした日本(とも言えない昨今ですが)で、年金の額を気にしながら細々と生きるわが身の参考になるとも思えませんが、やはり「生の短さについて」というタイトルと、たとえ難しくてもこれくらいならなんとか読めるだろうと思える文の短さに惹かれて買ってしまいました。

セネカが言っていることは、人は「人生は短い」と嘆くが、われわれは短い時間をもっているのではなく、実はその多くを浪費しているのである。もし人生の「時間」が有効に使われるならば、偉大なことをも完成できるほど豊かな時間が与えられている。しかし放蕩や怠惰で日々を送り、どんな善行にも使われないならば、結局最後になって、人生が最早すでに過ぎ去っていることに気付くことになる。われわれは短い生を受けているのではなく、われわれ自身がそれを短くしているのである。たとえば、莫大な王家の財といえども、悪しき主人の手に渡れば、たちまち雲散してしまうが、たとえつつましい財産でも善い管理者に委ねられれば、使い方によって増加する。それと同じように、われわれの一生も上手に按配する者には、大きく広がるものである。 と、まぁざっとこんなことです。

人生を長くするのも短くするのも、つまるところは「あなた次第」という訳です。さて、自分は人生の時間を長く使ってきただろうかと自問してみると、この歳まで大過なく生きて来たという意味では「長かった」と言えるし、ではどんな善行を為したのかと問われれば、「短かった」と言わざるを得ない心境です。
2012年という過去と、2013年という未来の狭間にたって、現在という「今」を意識し、無為に過ごさないように努めなければと思います。

最後にセネカのもう一つの言葉を、
「人生は物語のようなものだ。
重要なのはどんなに長いかということではなく、
どんなに良いかということだ」

では、皆さんよいお年を、そしてよい物語りを。
[PR]
by love-all-life | 2012-12-31 12:44 | 文芸・アート | Comments(0)

HAND & SOUL「モノ」がたり 101 <店の傘立て>

e0153357_16175759.jpg






HAND & SOULの店内の狭さが尋常でないことは何度も述べていますが、雨の日にはその狭さがいっそう際立ちます。そこで当然のことがらお客さんが傘を店内に持ち込まないように傘立てが必要となります。

たまたま海岸で拾った漁具の一種らしい木箱を持ち帰って店頭に置いて傘立てとして使ってきました。相当長い年月雨ざらし波ざらしになっていたらしく、古過ぎて箱そのものが崩れはじめ、「いい味」を通り越して「あわれ」な姿になってしまい、お客さんのなかには「私のすてきな傘をこんなキタナい箱に立てるのはイヤ」とばかりに傘立ての横に傘をおいて入ってくる人もいて、もはやこれまでと古い傘立てを廃棄することにしました。

といって市販のもので気にいったものが見つからず、店内の他の棚や什器同様自前でつくることにしました。野地板という安い杉板(巾180mm×長さ1800mm )1枚からの板取りでできる設計にしたのですが、できてみると、なんだか旅館の行灯のような和風の趣になってしまいました。そこで傘や雨粒のパターンを取り入れたり、仕上げのペイントのエイジング効果に頼ってどうにかHAND & SOUL風傘立てになったかなと思っているのですが、これでも「キタナいわネ」というお客さんがいるかもしれません。

e0153357_1623728.jpg


















e0153357_16232883.jpg













size:230mm×210mm×360mm(h)
[PR]
by love-all-life | 2012-12-26 16:34 | 「モノ」がたり | Comments(1)

俗世間 つもりちがい


京都の嵯峨野めぐりのとき、化野(あだしの)念仏寺の寺務所の板壁に張り出してあった
「俗世間つもりちがい十ヶ条」です。

e0153357_21584423.jpg


















あまりにもわがコトをズバリ言い当てられていて、グサリとこころに突き刺さりますが、一人で恥じ入るのは口惜しいので、皆さんにも紹介しちゃいます。

このお寺は「化野」と記して「あだしの」と読むのですが、「あだし」とは、はかない、むなしいを意味し、また「化」の字は「生」が化して「死」となり、この世に再び生まれ化けることや、極楽浄土に往生する願いなどを意図している、とお寺のリーフレットにあります。

この地は古来より葬送の地として知られ、何百年の歳月を経て無縁仏と化し、あだし野の山野に散乱埋没していた仏を集め配列安祀した石仏・石塔は八千体にのぼり、この地を訪れた兼好法師や西行も命のはかなさに想いを馳せた詩や詞を残しています。と、これもリーフレットからです。

e0153357_2202161.jpg






それだけに、春・夏・秋・冬、観光情報に踊らされて押しかける無邪気な観光客に、少しは自分のことも見つめてみてはと、己の姿を映す鏡として上の張り紙を掲げたのでしょう。
それにしても、お坊さんというのは名コピーライターです。






 
[PR]
by love-all-life | 2012-12-21 22:05 | 文芸・アート | Comments(1)

HAND & SOUL まとめて近況


このところジイジ・バアバの活動情報が少し遠のいておりますが、近況のご報告です。

お陰さまでバアバもこのところずいぶん元気になりまして、会う人ごとに「お元気になりましたねー」と言われるので、さらに元気になって、ジイジとの随のかたちが戻りつつあります。



e0153357_23331891.jpg











目下、12月11日から長岡のギャラリーmu-anで開催している「christmas・christmas」展に、地元の若いアーチストのお仲間に混ざって作品を展示させていただいています。
バアバが収納ボックスを兼ねた仕事用腰掛けと、等身大のぬいぐるみ人形、ジイジは飾り脇卓2点です。
いつものことながら締切ぎりぎりまでの作業で、写真撮影する時間もなく宅配便で送り出してしまったので、作品をお見せすることができません。
12月22日会期終了日に合わせて、搬出を兼ねて、久しぶりにスノータイアを履いての長岡行きです。
作品が帰ってきたらブログでご紹介しましょう。


<臨時休業と振替営業>
ということで12月22日(土)と23日(日)はHAND & SOULは臨時休業となります。しかし24日(月)の振替休日は、HAND & SOULは振替営業日とします。



e0153357_23305430.jpg




12月15日には毎日テレビ(MBS)の取材が入りました。1月5日(土)の朝7時半からのTBS系列の番組『知っとこ』でHAND & SOULを紹介してくれるのですって。
ファッションモデルでタレントの敦士クンが店に訪れて、ジイジ・バアバの作品紹介やインタビューがあったり、敦士クンの手づくり体験などが内容になるはずです。狭い店内をなめるように取材していきましたが、TVに出るのはほんのちょっぴりかもしれません。どんな編集になるのか現在進行中なので、当日までお預けです。

e0153357_2328159.jpg




なにせ身長188センチの敦士クンと、160センチのジイジと145センチのバアバの組み合わせですから、そちらのほうが見ものかも。お正月にお餅を食べる以外に時間を持て余している方はご覧ください。



+BOOKS
毎週金曜日は村椿ナーヤの本屋さんを併設していますが、来年から本屋さんの日を増やす計画です。ナーヤは日本一小さな、日本一素敵な本屋さんを夢見ているようです。日取りが決まったら改めてお知らせします。



鬼が笑うかもしれませんが・・・
来年3月には青山のタンバリン・ギャラリーで作品展示の予定です。去年まではバアバのお雛さまの展示をしていましたが、バアバの体調のためペースダウンしたので、既にいただいている注文に対応するだけで精一杯というこことで、雛展開催が難しくなりました。
そこでジイジ・バアバの作品発表の場にすることにしました。また、それらの作品が主体となりますが、3月末には大阪・枚方市の星丘ソーイング・ギャラリーでの展示も計画されています。ここの展示は長年お付き合いがあって、昨年惜しくも亡くなった敬愛するアーチスト永井宏さんのオマージュといった気持を込めたものにできればと考えています。


来年は、バアバは79歳、ジイジは喜寿と、文字通りの老いぼれコンビです。ほんの限られた能力としても、天から授かったHANDとSOULを大切に、無駄にしないように、錆び付かないように、命ある限り・・・・ガ・ン・バ・リ・マ・ス。
[PR]
by love-all-life | 2012-12-17 23:53 | その他 | Comments(1)

ラカンさんがそろったら・・・

e0153357_22532076.jpg






先週、晩秋の京都へ行ってたくさんの羅漢さんに会ってきました。

ボクらの歳では羅漢さんというと、 ♪ラカンサンガソロッタラマワソジャナイカ ヨイヤサノ ヨイヤサ ヨヤサノ ヨイヤサ・・・♪ という遊び歌を思い出します。
子供たちが円陣をつくって、上のわらべ歌を唱いながら左隣の所作を次々にまねてリレーする遊びです。何度かやった記憶があります。単純ですが、みなが別々の所作をするので、混乱してつい間違った動作をしてしまい、するともう一度やり直すのです。5、6歳のころだったと思います。
ラカンさんとは何か、いっこうに分からず、ただ、心地よいリズムに気持がはずみ、ラカンさんに友だちのようなすごく身近な親しみを感じたことを覚えています。しかし76のこの歳まで羅漢さんが何ものであるか、まともに考えたことはありませんでした。

今回の旅行で、伏見深草の石峰寺と、嵯峨野の愛宕(おたぎ)念仏寺でたくさんの羅漢さんに会うことができました。
石峰寺の羅漢さんは、近頃とみに有名になった江戸中期の絵師・伊藤若冲がつくったとされるもので、天衣無縫で稚戯に富んだ五百羅漢です。若冲が下絵を描き、石工が彫ったもののようです。
e0153357_22542048.jpg

愛宕(おたぎ)念仏寺は、嵯峨野めぐりの始発点にありました。お寺の起源は鎌倉期ですが、境内にさざめきながら立ち並ぶ1,200体の羅漢さんは昭和56年から10年間に、一般の参拝者によって彫られ奉納された、『昭和の羅漢彫り』といわれる羅漢さんたちです。ありとあらゆるアイディア、ありとあらゆる表情の羅漢さんたちは、とても新参者には見えない古びた趣で愛嬌をふりまき、訪れる人の微笑みを誘います。
e0153357_22554570.jpg
e0153357_22592891.jpg

では、羅漢, who?と調べてみると、『お釈迦様の弟子で、悟りを伝承する崇高な修行者』とあり、とてもお偉い方なのです。キリスト教では「聖人」にあたるのでしょうか。聖人というと、なにか近寄り難い崇光なイメージですが、われわれが知っているラカンさんは、煩悩から解放された求道者という実体とは裏腹に、むしろ煩悩を体現しているような、喜怒哀楽をむき出しにしたり、子供のように無邪気に戯れるラカンさんであって、極めて人間臭く親しみ易いイメージです。
イスラム教にしてもキリスト教にしても、神は厳しい戒律を人々に課す厳父のような存在ですが、仏教では、仏門の世界ではいざ知らず、普通の人々には「『南無阿弥陀仏』さえ唱えていればよいのですよ」ととても寛容です。
そのやさしさのせいか、私たちは、良寛さん、一休さん、ダルマさん、エビスさん、と身近に感じる「さん」づけのヒーローをたくさん知っています。これが仏さんの戦略なのかなぁなどと、鎌倉ではあまり意識しないことに気がおよぶのは、「やっぱり、京都だから」なのかなぁと思いました。
[PR]
by love-all-life | 2012-12-13 23:02 | 文芸・アート | Comments(0)

HAND & SOUL「モノ」がたり 100 <こころのクリスマス>

e0153357_21201890.jpg




孫娘がリビングルームにささやかなクリスマスツリーを飾りました。
近頃はハロウィンの勢いに押されてか少し元気がないようにみえるクリスマスですが、彼女とってはなんといっても自分の誕生日に次いでのビッグイベント。「新しい自転車をサンタさんはソリに乗せて持ってくることができるかな〜」などと親に聞こえるように呟いています。

日本でのクリスマスのあり方も時代とともにずいぶん変ってきています。戦前は知らず、戦後の一時期は(以前このブログで触れたことがありますが)サラリーマンの群衆が頭には三角帽子、手にはケーキの箱をぶら下げて大挙して銀座の街頭に繰り出すといった不思議な現象があり、その後だんだんとクリスマスは家族で祝うクリスマス(と言っても宗教色がないのでどこか変ですが)になり、近頃は家族同士でパーティを楽しんだり、若いカップルが高級レストランやホテルで夜を過ごすというように多様化しているようです。

ま、あまり固いことは言いたくありませんが、財布の中味で工夫をこらすばかりでなく心の中味でクリスマスと向かい合うといったことが少しはあってもよいのではと思うのです。
感謝の気持、自己犠牲、人を愛すること、といった普段ともすると忘れがちで、ときどき思い出してはちょっと後ろめたさを感じるようなこととまじめに向き合ってみる機会としてはどうでしょうか。
クリスマスにご馳走を食べるのもいいけど、心にもご馳走してあげる。仲良しにプレゼントするのもいいけど、どこかの知らない人の笑顔のために何かする。そういうことは、お金を使って一夜を楽しむ以上の満足感や幸福感をあなたにもたらすに違いありません。

昔読んだ、敬虔なクリスチャンである曾野綾子さんのご本にこんな一節がありました。
「人は誰でも愛されたいと願いますが、愛は要求しても得られないし、愛されることのみを求めていると、人生は失敗する。どんな小さなことでも能動的に生きなければ、多くのものを受けることはできないような気がします。
人間は赤ん坊の時、抱いてもらって、ミルクをもあって、おむつを替えてもらうでしょう。受けるだけ、というのは子供であって、与える側に回って初めて大人になれる。いただいたら、お返しをする。成熟というのは、そういうことだと思います。
聖書は『受けるより与えるほうが幸いである』 というのですが、私はちょっと強欲だから、『多く受けて多く与えるのが幸い』だと思っているのよ。
与えることは、決して失うことではありません。あらゆる物質は、こちらが取れば相手の取り分は減る、というのが原則ですが、愛だけはこの法則を受けない。与えても減らないし、双方が満たされる。愛は与えれば与えるほど、増える。変なもですね。」


e0153357_21233123.jpg











上の写真は、前にHAND & SOULでつくった「樅の木移し」パズルの雪景色バージョンです。中心の三角片を一ずつ隣のポールに移動して、最終的に樅の木を隣のポールに移し替えるのですが、その過程で小さい三角片の上に大きな三角片を乗せないのがルールです。





  
[PR]
by love-all-life | 2012-12-03 21:32 | 「モノ」がたり | Comments(0)