HAND & SOUL

<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

さくら雑感

e0153357_2242336.jpg







待ちに待ったあげくに、足早に去っていくのが桜です。

先日、盆栽で桜の開花を楽しむ男性がテレビのニュースで紹介されていました。幼い赤ちゃん連れでの外出もままならず、アパートの部屋で桜の盆栽を育て楽しむことにしたのです。ほんの丈10センチほどの桜に2、30ほどの花が見事に満開で、ご主人のよほどの甲斐甲斐しさが伺えます。ひらひらと散る花びらをオチョコで受けて飲む晩酌が至福のトキだそうです。ん〜、そうだろうなぁ。幸せを生み出す名人というほかありません。


われわれは桜となるとなぜかこころ穏やかでいられません。日本人だからと言ってしまえばそれまでなのですが、じゃ、なぜ日本人なのかとなると、コトはそう単純ではないように思えます。
爛漫の桜は一方で、寒く暗い冬からの決別宣言であり、すべての命の再生の象徴であるとする、こころ華やぐポジティブなイメージの反面、ジイジの歳となるとどうしても武士道や旧日本陸軍のイメージと無縁でいるわけにはいきません。パッと咲いて、「潔く散る」桜の姿こそ武士のこころであり、日本軍人の鑑であるとして、若者の命を死へ追い立てる戦争末期の特攻隊に繋がる「桜」のイメージが、モノゴココロがつくかつかいなかの年齢の子供だったジイジのココロにしっかりと刷り込まれてしまっていて、軍服の七つの金ボタンに刻まれた桜を頭の中から拭い去ることは多分一生ないでしょう。

e0153357_22434842.jpg




今日は日曜日、HAND & SOULの小屋の 窓から三々五々と源氏山へ桜を求めて登って行く人々の流れを見ていると、桜の開花が、単に春の訪れを告げたり、戦争への連想を超えるもっと普遍的な何かがあるように思えます。
毎年同じ時期に、同じ樹に開花するとわかっていても、そのときななると思わずハッとしてしまう事件性みたいな趣は他の花にはみられないものです。
長い時の流れの中で詩に唱われ、描かれ、演じられ、意匠に使われ、知らず知らずのうちにわれわれの感性を育む栄養剤として働いているのかも知れません。花がない時期にもわれわれは潜在的に桜と付き合い、ともに暮らしているのでしょう。だから桜の開花についドキッとしてしまうのではないでしょうか。

テレビで盆栽の男性を観たとき、彼がまるでペットを見るような表情で桜花を見ていたのが印象的でした。ひょっとすると桜は、愛犬のように人を幸福にする不思議な力を秘めているのかも知れませんね。

写真:大正〜昭和初期の鎌倉の絵葉書より
[PR]
by love-all-life | 2013-03-31 22:51 | 文芸・アート | Comments(0)

HAND & SOUL in 星丘

4月10日からの展覧会のご案内です。

e0153357_22362426.jpg



大阪の枚方市の街並の中に、
ポツンとそこだけ周囲の空間と時間から切り離されたような古い洋裁学校があります。
星丘洋裁学校といいます。
その校舎の一室がギャラリーなのです。
「ソーイングギャラリー( Sewing Gallery)」といいます。
そこで「 HAND & SOUL 内藤三重子・鎌田豊成」展が開催されます。
一昨年に亡くなったアーチスト・永井宏さんとのご縁によるものです。

ソーイングギャラリーには、永井さんのアートワールドが大好きなサポーターたちがいて、
永井さん亡きあとも、アートを通して「生きる」を「遊び」に変える活動を続けています。
そしてHAND & SOULにお声がけをいただいたのです。

バアバは何年か前に永井さんとソーイングギャラリーで一緒に展覧会をさせていただきました。
それ以来、そのお仲間とその場所がすっかり気に入っていて、
そこがどんなに素晴らしいかジイジにたびたび語るので、
ジイジもそこがどんなに素晴らしいか頭に想い浮かべることができます。

会期中の4月13日(土)には、ジイジとバアバも加わった「お話会」が企画されています。
とても、とても、楽しみです。

Sewing Gallery: http//sewing-g.com
[PR]
by love-all-life | 2013-03-23 22:44 | その他 | Comments(1)

HAND & SOUL「モノ」がたり 104 <バアバの「ミーちゃん人形」>

e0153357_18145539.jpg






バアバは今では珍しい9人兄弟姉妹の末っ子です。すぐ上の姉とは3才違い、一番上のお兄さんとは15才も違います。小さい頃はいつもまともに遊んでもらえず、ミソッカスとかオミソと言われていました。77才になった今でもそのままオミソです。
着るものやオモチャはいつも上からのお下がりで、バアバのために新調してもらえることはあまりありませんでしたし、末っ子の主張がまわりから注目されたり尊重されることはメッタにありませんでした。
なのでバアバは独りで自分の世界をつくって、そのなかで自分を主人公にして遊んで楽しむ時間が多かったようです。

e0153357_18201237.jpg






50才を過ぎてバアバが雛人形をつくるようになったのも、きっかけは初孫娘のためですが、もうひとつ動機があって、幼いとき家にあったお雛様の衣装を着せ替えしようとしたら、布が張り付いていてできないので、なんとか着せ替えができる雛人形が欲しいとずーっと思っていて、ついに自分でつくることでその夢を叶えたのでした。
そうしてみると、バアバにとってお人形は、たんに買ってもらうもの与えられるオモチャではなく、自分らしさを表現する相棒であり、自分でつくるものだったことがわかります。

ここでご紹介する「ミーちゃん人形」も、そんなバアバが子供の頃、独ぼっちの時間に自分の言いなりになってくれる家来、自分の分身、自分の友だち、自分の子どもとしてつくり出したバアバのお人形の原点とも言えるお人形なのです。
同じものを14年前、初の孫娘Hのためにつくり、いまでは4才の妹のKが、ヨダレと汚れで真っ黒になった「ミーちゃん人形」を片時も離さず持ち歩いています。

e0153357_18205190.jpg










今回、青山のタンバリン・ギャラリーと、長岡のギャラリーmu-anの展覧会の展示に、バアバは久しぶりに「ミーちゃん人形」をつくりました。
タンバリン・ギャラリーでは昔の人形と並べて展示しようと、Kに貸してちょーだいと頼みましたが、しぶるKを説得して「ウン」と言わせるのに一苦労でした。

e0153357_18213517.jpg















展示した「ミーちゃん人形」はそれぞれ新しい持主が決まり、いなくなってしまい、いまバアバの手許には1体も残っていません。
バアバは孫娘の持ち物になってしまった人形に未練がありますが、たまにしか会うことができず、クレイマークレイマーのダスティン・ホフマンの心境です。
成長する孫娘たちが歩む今後の人生に「ミーちゃん人形」の痕跡がどのように残るのか、バアバが自身の眼で確かめることができるかはビミョーです。
[PR]
by love-all-life | 2013-03-09 21:06 | 「モノ」がたり | Comments(0)

ありがとうございました

e0153357_23519100.jpg





昨日、タンバリン・ギャラリーでの「HAND & SOUL 2013」の展示が無事終了しました。
お忙しいなか、また遠くからもたくさんの方に来ていただき、暖かいご支援の言葉やエールをいただいて、うれしく、ありがたく、老骨には多少のムチだったかもしれませんがやってよかったと感じました。
昨夜は展示終了後、ギャラリーの皆さんに荷造りを手伝って(というよりほとんど全部やって)いただいて、4月10日からの大阪・星丘のソーイングギャラリーで展示のために送るものと、家に持ち帰るものを分けて、やっと家にたどり着き、それぞれのHAND とSOULに「ご苦労」と言ってやりました。

バアバは間もなく卒寿、ジイジは喜寿とオメデタイ夫婦ではあります。「お若いですね」と人さまに言われて、「確かに」と思わないでもないですが、モノづくりに3歳児も100歳もない、つくられたモノの魅力でナンボという風に考えると、自分の歳をあまり意識することなく日々を過ごすことができるような気がするのです。
日々の暮らしのありのままをてらいもなくモノに託した結果が人さまの心に触れることがあると知るのは幸せなことです。少々の恥ずかしさはあっても健康が許す限り続けていきたいものと願っています。

e0153357_236761.jpg

e0153357_23164023.jpg

e0153357_2372629.jpg

[PR]
by love-all-life | 2013-03-04 23:17 | その他 | Comments(0)

臨時休業のお知らせ

タンバリン・ギャラリーでの展示の都合により3月2日(土)、3日(日)は臨時休業となります。

HAND & SOUL

[PR]
by love-all-life | 2013-03-01 22:37 | 臨時休業 | Comments(1)