HAND & SOUL

<   2014年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

セレンディピティ

e0153357_21423714.jpg









「セレンディピティ」という言葉を「偶然につかんだ幸運」というような言葉として聞いたことがありましたが、改めて少し調べてみました。(といっても、ネットで関連記事を漁った程度ですが)
 原語はserendipityで、意味は「ふとした偶然をきっかけに閃きを得、幸運を掴み取る能力、探しているわけではないもの、それもいいものを偶然に発見する能力」とされ、そういう能力を持つ人をserendipperと言います。

 セレンディピティの事例としては、古くはニュートンのリンゴから、ラジウムを発見したキューリー夫妻、ダイナマイトを発明したアルフレッド・ノーベルなどが知られています。最近の例では、板チョコのように刃を折れるようにすればいいとひらめいた「カッター」。超強力接着剤の開発の失敗作から一転、「楽譜から落ちるしおり」を見てひらめくいた「付箋」。第2次世界大戦中、アメリカ軍兵士の水虫を防止するためブーツに中敷きとして使 用され、戦争後使い道を失った防水シートが、ピクニックで奥さんがレタスを包んだ事からひらめいた「サランラップ」。軍事用レーダーの研究者が「レーダーの近くで働いていた人たちのポケットに入れてあったチョコレートが柔らかくなる」ことに気がついて発明された「電子レンジ」などがあり、いずれも「行き掛けの駄賃」的な経緯で生まれた幸運たちです。 

そもそも、この言葉の発端は【セレンディップの3人の王子たち】というペルシャの童話で、ペルシャを旅するスリランカの3人の王子たちが、偶然と持ち前の聡明さからいろいろな問題を見事に解決していくというお話です。セレンディップとはペルシャ語でセイロン(スリランカ)のことです。 
のちにイギリスの小説家となるホレス・ウォルポールが子供の頃に読んだこの話から「セレンディピティ」という言葉を生み出しました。 

当方がこの言葉に興味をもつのは、なにか創造的な成果を得るのに「偶然」がキイワードとなるという点です。 
一般的によく言われる「創造」の過程とは、まず日頃から周囲の事柄に興味や旺盛な好奇心があるという前提があって、そういう人が具体的な課題を与えられるとアイディアの発見にエネルギーを集中しますが、革新的なアイディアなんてそう簡単に出るものではありません。そういうとき一旦考えることから離れて、べつな事柄に時間を向けたりしてからまたもとの問題に戻ると「はッ」とひらめきに至るといわれます。
 なにか一生懸命にものごとを考えつめていると、思考の呪縛にとらわれてしまい、他の一切に目がいかなくなって袋小路に入り込んでしまいます。そういうとき、例えばトイレにいくとか、映画をみるとかすると突然アイデァイが思いつくなどと言われます。
このトイレや映画にあたる思考の呪縛から解放されるきっかけとなるものが、セレンディピティの場合は「偶然の失敗」なのでしょう。 

ただ一心不乱に考えているだけではダメといっても、決して「果報は寝て待て」というわけではなく、それなりの条件がつきます。豊富な経験値、些細なことから洞察する力、異質なものへの受容性といった資質でしょうか。
 科学者であれデザイナーであれ、場はトイレであれ研究室であれ、いずれにせよ「チャンスは準備された心に降り立つ」(パスツール)というのは真理のようです。








[PR]
by LOVE-ALL-LIFE | 2014-01-26 21:33 | 文芸・アート | Comments(1)

景気ばなし


e0153357_21335661.jpeg








デフレ脱却・景気回復のかけ声で年が暮れ、年が明けました。ここ何年かの国政への期待調査で「景気回復」がずーっとトップだったのですから、安倍政権は国民の負託応えているといえるのでしょう。テレビの安倍さんの顔がだんだん自信が満ちてきたように感じるのは気のせいでしょうか。 
ここへきて経済界も企業トップが報酬アップや雇用拡大を唱え、アベノミックスに歩調を揃える姿勢を示し始めました。 

「景気」とは、「景」が「かげ」や「ものごとの様子」を表し、「気」は「こころの動きや気分」を表す字の組み合わせです。
とすると景気がよくなるといっても、必ずしもイコール実体経済がしっかりするということでもなくて、「世の中少し活気がでてきたみたい」という気分が、さらなるお金回りを促して、一部の贅沢品が売れたり、とんでもない金持ちが出現したりという現象になり、「ン?景気がよくなったのかな」と思う人が増えてくるといったようなことではないかと思うのです。
 所詮は気分のファクターが大きいと知っているからこそ、政治リーダーは「景気回復、デフレ脱却」を声だかに連呼し、そうなって欲しいと望む財界もそれに唱和するのでしょう。 株や相場の変動が、なにかしらの理由があるにしても、それを針小棒大に事あげしたり、抹殺するなどの心理操作で上がったり下がったりするといったことも含めて、お金に関することには「気分」が大きく物を言うことから「景気」という言葉が生まれたと勝手に解釈しています。 

お正月気分か、景気の回復感に勢いづいてか、銭洗弁天へ三々五々途切れない参拝の人の流れをHAND & SOULの窓から眺めて思うのは、戦後の無一文から復興、バブルと経てきて、物や富の豊かさが心の豊かさや幸福と直結するものではないことを思い知ったはずなのに、またきた道を繰り返すのかと感じるのは、このさき懐具合の好転をのぞむべくもない後期高齢者のひがみでしょうか。
 暮れに読んだ本で出会った「富は海水に似ている。飲めば飲むほど喉が渇く。」 というショーペンハウエルの言葉にいたく共感してしまいました。 
お正月早々景気の悪い話ですみません。 


 上の写真は、京都・龍安寺のつくばい。吾唯足知(われ ただ たるを しる)が刻まれています。これと表裏で、「貧乏とは、ものが足りないことではない。ものがあっても足りないと思うことだ。」というリトアニアの古い諺もあります。








[PR]
by LOVE-ALL-LIFE | 2014-01-11 21:40 | 時事・社会 | Comments(0)

新年のごあいさつ

e0153357_12092749.jpg

















あけましておめでとうございます。 
皆さまには清々しく新しい年をお迎えのここと思います。 

かってお正月は、まことに晴れがましく、喜ばしく、旧年中の災いや悪事が新年を迎えることで すべてリセットされて、「ヨシッ、今年こそは頑張るぞ!」「よい年にするぞ!」という気分で迎えたも のです。 
しかし、迎えるお正月も77回目ともなると、もはやそういう緊張感もなく、すっかりだらし なくなってしまい、新年のごあいさつも三日目になってしまうというていたらくです。

 上の馬蹄は、いつからか家に転がっていたものを、HAND & SOULを始めたときに裏口のドアに下 げたものです。なんでも蹄鉄は魔除けになるとか、幸福を取り込むという言い伝えもあるそうで、 ではと年賀用の写真に撮ったものです。 
元旦に多くの方からいただいた年賀状に登場する、元気よく飛び回る若駒の絵柄とは異なり、いかにも使い古された老馬の趣ですが、人ごとのようには思えず、こんな絵柄で皆さまの新年のご多幸 をお祈りする次第です。 

 どうぞ今年もよろしくお願いします。
 HAND & SOUL
 鎌田豊成・内藤三重子

[PR]
by LOVE-ALL-LIFE | 2014-01-03 12:14 | その他 | Comments(0)