HAND & SOUL

<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「背守り」

e0153357_00540182.jpg








久しぶりに銀座に出たついでに、栄養補給にと京橋まで足をのばしINAXギャラリー寄ってみようとしたところ、そこはLIXILとギャラリーと名前が変わってしまっていて、改めて世の流れに疎くなった自分を再認識しました。 
ギャラリーでは「ブルーノ・タウトの工芸展」をやっていて、ドイツ人建築家のブルーノ・タウトが1933年に日本に滞在した折、日本の工芸品にも注目しその足跡を紹介するもので、とても興味深い展示でしたが、 今日の話題は観覧の後、階下のブックショップで入手した「背守り」(LIXIL BOOKLET)についてご紹介しようと思います。 


背守り(せまもり)」をご存知でしょうか? 
当方は知りませんでしたが、「背守り」は日常的に着物を着ていた戦前まで子どもの着物の背中につけた魔除けのお守りのことです。 
大人の着物は背中に縫い目があり、この縫い目に霊力が宿り、背後から忍び寄る魔を防ぐとされていました。ところが身幅の狭い一つ身の子どもの着物には背縫いがありません。そこでわざわざ縫い目を施して、魔除けとする風習が 生まれました。縫い目だけの素朴なもの、吉祥文様をかたどった色とりどりの刺繍、愛らしい押絵のアップリケ…… その造形は驚くほど多彩です。
病や不慮の事故で子どもが命を落とすことが今よりもはるかに多かった時代、健やかな成長を祈って母親が針を運んだ手仕事には、わが子を慈しむぬくもりが溢れています。(説明:LIXIL BOOKLET「背守り」より)
e0153357_00554650.jpg
e0153357_00561343.jpg

昭和時代以前、自ら産み落とした赤ん坊の死に直面しなかった母親は恐らくきわめて少なかったでしょう。
貧困と劣悪な衛生環境のなか、過酷な家事労働を負いながら、たくさん生んで、その中の何人かの命をお産の時点で失い、病などで他の何人かを幼いまま失い、やっと生きながらえるわが子へ注ぐかっての母親の慈しみと、豊かで恵まれた医療環境に守られ、出産は最小限で済ませ、自らのための時間を大切にする現代の母親がわが子かけるの慈しみをその軽重で比較するのは無意味としても、その質がかなり異なったものであることを、これらのかわいらしい童子の着物に刻まれた「背守り」の数々をみて感じざるを得ません。
かたや「祈り」であり、もう一方は「あまやかし」であると言ってしまうと現代のママたちから大きなブーイングを浴びそうですが、見るものの心を動かさずにはおかない「背守り」に現れた美しさが、かっての母のHAND & SOULによるものでることに異議をとなえる人はいないでしょう。 

参考:LIXIL BOOKLET『背守り』ー子どもの魔よけー 
子どもの写真:『百年前の日本』小学館

「背守り 子どもの魔除け展」
LIXILギャラリー大阪    3月7日〜5月20日
LIXILギャラリー1(東京) 6月5日〜8月23日






[PR]
by LOVE-ALL-LIFE | 2014-03-29 01:12 | 文芸・アート | Comments(2)

HAND & SOUL「モノ」がたり(113) 「グランマの手作り人形」

e0153357_15393404.jpg












アトリエ・ショップと称してジイジとバアバが作品を置いている小屋・HAND & SOUL の名前の由来は,バアバこと内藤三重子が毎年彼女の手作り家具や人形の作品展を「HAND & SOUL」のタイトルでやってきたので、それを引き継いだからなのです。
来店したお客さんから「私もこういうステキなもの作ってみたいけど、ワークショップなんかやらないのですか?」と何度も言われていますが彼女はいままで断ってきました。
それは「私のつくるものは私だけのもので、それをマネしてつくることは可能としても、それじゃつまらないでしょ」というのと、「私のつくるものを『ステキ』と感じてくれたとして、その同じ『ステキ』をどのように生み出すかは教えられるものではないの」という理由からです。
世の中にいわゆる「HOW TO」スクールや「HOW TO」ブックが氾濫していて結構人気をはくしているのも、お手本にしたがって自分ではできなかったコトやモノを自身の手で生み出したと感じる楽しみや喜びを提供するからでしょう。でもバアバはそういった真似事に違和感を感じるようです。

e0153357_15401792.jpg






















そういうバアバが今回「グランマの手作り人形」という、いわば「HOW TO」ブックをつくったのです。
ジイジとしては「ホーッ、?」という感じでしたが、バアバが昔創刊に関わったリビング雑誌の草分け「私の部屋」からの長年お付き合いのエディターのMさんからの企画ということもあり、またMさんだから「たんなるHOW TOモノはイヤ」というバアバの思いを十分知った上での提案内容だったに違いありません。

e0153357_15405362.jpg
出来上がった本を手に取ってみると、73ページの手軽さながら随分と個性的なHOW TO本です。
特長のひとつは、とてもパーソナルな本だという点です。まずバアバのお人形との出会いから始まって、バアバがお人形とどのようなお付き合いをしてきたかが語られて、たんなるモノづくりから分身づくりの世界に誘われます。
もうひとつの特長は、お手本として提示される人形は玄人がつくったキレイキレイのサンプルではなくて、どれもどこか素人くさく、飾り物的でなく、遊び仲間といった親しみ安さを感じさせ、遊びゴコロが刺激されます。
そしてそのことを一層強く感じさせるのが、つくり方の説明がバアバのイラストと手書き文字で表現されているからでしょう。かっての「私の部屋」の愛読者の方にはきっとなつかしく感じられるに違いありません。 ま、手前味噌はこれくらいにしておきましょう。

まずは書店で手にとってみてください。人形をつくる楽しみ、人形といる楽しみ、そして内藤三重子の『ステキ』の秘密に少し触れることができるかもしれませんよ。

「グランマの手作り人形」内藤三重子
発行所 アップオン
発 売 主婦の友社
1,600円




























[PR]
by LOVE-ALL-LIFE | 2014-03-17 15:45 | 「モノ」がたり | Comments(2)

HAND & SOUL「モノ」がたり(112) 「HAND & SOUL 2014展」ご報告

e0153357_22412395.jpg







人さまに喜んでもらう前に、まず自分が楽しむことを心がけるという、かなり勝手放題のモノづくりで、今年で4回目の展覧会を開催できたのも、温かい目で見守ってくださる知人友人に恵まれたからと感謝しています。

 今年はバアバのお雛さまはナシ。というのも、去年の展覧会のとき、「おばあちゃんの手作り人形の本をつくらない?」と昔なじみの編集者からお誘いを受け、今年の展覧会に合わせて出版ということになったので、そちらにエネルギーをとられしまったからです。内藤三重子の「グランマの手作り人形」がそのタイトルです。がからバアバの展示はその本のためにつくった人形が主体となりました。
 ジイジは新潟から苦労して持ち帰った古い船板を用いたテーブルやベンチ、ジャンクを寄せ集めて遊んだモノたちです。   
e0153357_22424834.jpg
e0153357_22433832.jpg
e0153357_22442383.jpg
e0153357_22444648.jpg
e0153357_22451273.jpg

おなじみの方々だけにご案内したのに、都心での展示となると、やはりその道の専門家の方や、初めてお目にかかる同好の士の励ましや助言をいただくことができて、「やっぱり、やってよかった」です。 
会場にお出でいただいた方、ギャラリーの方々、ありがとうございました。



[PR]
by LOVE-ALL-LIFE | 2014-03-06 22:52 | 「モノ」がたり | Comments(0)

HAND & SOUL 2014展終了


HAND & SOUL 2014展が昨日で無事終了しました。
早速報告を兼ねたブログで展示作品のご紹介などしようとしたのですが、
新しいパソコンの操作がうまくできず苦戦しています。
少々時間をください。

いずれにしましても、お忙しいなかたくさんのかたにご来場いただき、ありがたいお言葉や、助言をいただいたり、新たな出会いや絆が生まれることは、まことにうれしくありがたいことです。
毎年こんなことでよいのだろうかとオズオズと展示しますが、終わってみると、「やっぱり、やってよかった」と胸をなでおろしています。

ご来場いただいたみなさま、お世話になったギャラリーの方々、ほんとうにありがとうございました。

HAND & SOUL
内藤三重子
鎌田 豊成

[PR]
by LOVE-ALL-LIFE | 2014-03-03 18:35 | その他 | Comments(0)

臨時休業のお知らせ

都合により3月1日、2日は休業させていただきます。

HAND & SOUL










[PR]
by LOVE-ALL-LIFE | 2014-03-01 11:42 | 臨時休業 | Comments(0)