HAND & SOUL

<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

HAND & SOUL「モノ」がたり (117) 「バアバの流木人形」

バアバが流木のお人形をつくりました。これまでにも随分たくさんの流木人形をつくってきたバアバですが、今回は南海の楽園から流れ着いたネイティブ・ピープルのような面々です。


e0153357_17405912.jpg

























流木拾いも長年やっていると、どんな流木がどの辺にあるかおおよそ見当がつくようになります。だいたいは波頭が寄せては返す当たりに、ありとあらゆるゴミや漂着物と一緒になって集まります。大物は海が荒れた後に高波が押し寄せて返す地点のあたりにデーンと転がっていますが、残念ながらこういうものはわれわれにはとても重くて手がでません。
バアバが人形に使う流木は、小枝のかけらのような流木で、波打ち際から離れた砂浜で干からびたように散らかって落ちています。だからゴミとかクズとか言ってしまうのですが、バアバはそういう言い方をするとすごく怒ります。
どれもひとつひとつ命の痕跡を残す自然の造形物なのに「失礼じゃないか」という思いがあるからでしょう。
山ほどの流木を集めても、いざ使うとなると役に立つものはほんの少々です。しかし別の時には別の少々を血眼になって探すことになるのです。ですからどんなクズのような流木片も、いつレアメタルのような貴重品に変身するかわからないのです。

e0153357_17415591.jpg







人はよくお落ちているものを拾って「安上がりでいいね」と言います。われわれに言わせれば「とんでもない!」です。
どんな収穫があるかなんの保証もなく、3時間4時間と車で遠乗りして海辺まで行き(近くの鎌倉の海岸にも流木は流れ着きますが、すぐに清掃されてしまいます)、軍手にズタ袋を背負って、海岸をバタ屋よろしくほっつき歩き、ときには見知らぬ人に「ご苦労さん」などと哀れみっぽい声をかけられ、シワシワの皮膚は潮風と日に焼かれてさらにシワシワシワとなり、なにやら流木の趣のようになりながらの悪戦苦闘なのです。
それでもその都度一期一会の喜びや驚きをかみしめるという報酬を手にするので、「一度やったらヤメられない」わけで、これはもうほとんどお乞食さんです。

バアバにとって流木人形つくりは、そうして手にした流木との戯れでもあり、打ち捨てられた命の痕跡に再び命を吹き込む崇高な儀式でもあるようです。








[PR]
by LOVE-ALL-LIFE | 2014-09-26 17:44 | 「モノ」がたり | Comments(0)

HAND & SOUL「モノ」がたり(116) 「あれは、こんなでした」

e0153357_11141692.jpg












半年前の話になりますが、青山でのHAND & SOUL展開催中のある日、カメラを手にしたカッコいい女性が現れて、「カメラマンの石黒美穂子です」と名乗られ、「展覧会のパノラマ映像を撮りませんか」と声をかけられました。
「・・・パノラマ映像ですか?」と口ごもっていると、「パノラマカメラで展示の様子を360度ぐるりと撮って、後で自由自在に観ることができるんです」という説明。なにせハイテクとなるとハナからダメと思い込んでいるジイジですので「・・・じゃ・・お願いします・・・」となりました。

熱心に撮影して帰られて半年。昨日メールで「遅くなりましたが、パノラマ写真ができました」と360度映像なるものが送られてきました。
「どんなものができるのかなぁ」と期待を込めておおよその想像はしていたのですが、出来上がったものは、期待をはるかに上回る面白さ、懐かしさ、楽しさでした。
展覧会場をぐるぐる回って見たり、ふわっと浮き上がって見たり、でんぐり返しで見たり、寄って見たり、離れて見たり、魚の目で見たり、鳥の目で見たりとまことに不思議な空間体験です。

近頃のバーチャルな映像に慣れた若者にとっては驚くほどのものではないかもしれませんが、個々の作品を(一応)丹精込めてつくり、あーでもない、こーでもないと展示した空間は、もうこの世に存在しいないわけで、作者としてこんな風に追体験できることは嬉しいかぎりであるばかりでなく、「残念だけど行けなかったよ」と連絡をくれた知人・友人に、「あれは、こんなでした」と報告できるのはありがたいことです。

で、「あれは、こんなでした」。

石黒さん、ありがとうございました。









[PR]
by LOVE-ALL-LIFE | 2014-09-11 17:57 | 「モノ」がたり | Comments(0)

HAND & SOUL「モノ」がたり(115) 「コルク栓で遊ぶ」

e0153357_08594286.jpg








金曜日のHAND & SOULでアート本やチルドレンブックなどのミニBOOK SHOPをしていただいているNさんからのお勧めでワークショップをやることになりました。
お相手はNさんのお仲間、場所はJR川口駅近くの小ぢんまりしたカフェ&レストラン。
発端は、HAND & SOULに展示してあるワインのコルク栓を利用したリースをNさんが見て、お知り合いのカフェ&レストランにコルク栓ならたっぷりあるから、それでワークショップをしませんかというお誘いでした。

ワークショップの当日「寅さん」よろしく材料や道具一式をかばんに詰め込んで会場に行ってみると生徒さんは8人。
いずれもモノづくりになみなみならぬ興味と経験の持ち主らしき面々に、これはいい加減なことはできないぞと、いささか緊張。

e0153357_08521168.jpg
作業は、ボール紙の台紙にコルク栓を輪状に貼りつけてリースのベースとし、松ぼっくりやドングリ、唐辛子、貝殻など身近の自然素材を、グルーガン(接着用器具)などで、思い思いの工夫をこらして貼付けて行くのです。
20個ほどのコルク栓で輪を作るのにコルクをひとつづつ削る作業が意外と手間取りましたが、8人8様のリースを仕上げることができました。

e0153357_08530107.jpg

















予定の2時間を大分オーバーしてしまったので、もうひとつ用意していたコルクの魚はやめようかと思ったのですが、みんなの「やるー!」という声に励まされて頑張りました。
こちらは、一個のコルク栓に目と尾ひれをつけてお魚をつくる作業です。目玉は裁縫の待ち針の頭を白く塗り、フェルトペンで黒目を入れます。尾ひれは薄いブリキ板をカットしてコルクに差し込むと不思議とどれも魚に変身するのです。コルク栓が意外と短時間でかすかにワインの残り香をまとったお魚に仕上るので生徒さんたちには好評でした。

e0153357_09334209.jpg









人間の本質はモノをつくる動物であるとして「ホモ・ファーベル(作る人)」と呼んだのはフランスの哲学者ベルグソンですが、モノづくりをしている人の表情は、夏休みの自由工作に取り組む小学生も、人間国宝のマイスターも一様に幸せに満ちた充実感を現します。
今回のワークショップの面々にも幸せそうな達成感を看取ったような気がしたのは、手前勝手な思い過ごしかな。



















[PR]
by LOVE-ALL-LIFE | 2014-09-03 08:55 | 「モノ」がたり | Comments(0)