HAND & SOUL

<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

緑色の裏切り

e0153357_09575497.jpg








前に小ブログで紹介した新聞朝刊の連載の「しつもん!ドラえもん」の問題を解くのは、小学生だった孫娘との朝食卓での儀式のようなものでしたがいまは彼女も中学生。以前のようななじめさはなくなりましたが、最近こんなのがありました。

e0153357_09582342.jpg










問:植物の葉っぱは、太陽の光を使って酸素を作り出しているよ。何という仕組みかな?
というもので、孫娘は「光合成でしょ」とつまらなそうに返事をします。
答えを確認すると、確かに「光合成」が正解ですが、その解説にただならぬことが書いてあります。

答え:「光合成」。植物は光のエネルギーを使い、二酸化炭素と水から自分の体のもとや酸素をつくりだしている。緑色の光は使わず反射するから葉は緑色にみえるるんだ。

ジイジがただならぬことと感じたのは「緑色の光は使わず反射するから葉は緑色に見えるんだ」という件です。
つまり葉っぱは太陽の光のなかから緑色以外の光を吸収し、緑色は必要ないので体に取り込まないで反射するから人間の目に葉は緑に見えるというのです。

あるモノに光が当たると、モノは光のある部分を吸収し、それ以外の光を反射します。人は反射された光をそのモノの色として認識するのです。つまりモノに色があるのではなく、そのモノに当たって反射された光をそのモノの色と感じているというのは事実です。その事実から言えば解説の通りなのです。

理屈はそうでも、植物は太陽光線の赤・橙・黄・緑・青・藍・紫のなかで、最も必要としない色が緑だなんて、なんだか割り切れない気持ちになりません?
だって「緑」といえば、健康の色、エコロジーの色、安全のシンボル、心を癒す色、平和の色、いろいろなイメージがありますが、すべてが好ましいイメージです。それというのも、緑色はすべての生命体の母なる自然を象徴する色と皆が思っているからでしょう。
この誤解というか混乱の原因は、光の色をモノの色と勘違いしていることから生まれるわけですが、もうひとつは「葉緑素」という言葉にあるのかもしれません。
「光と水と葉緑素によって植物は生長する、これを光合成という」と習ってきました。葉緑素という魔法の成分こそが植物を植物たらしめていると思いから、植物=葉緑素=緑色という連想から、上のような緑の数々の好ましいイメージが生まれるのでしょう。ところが、実は葉っぱは緑が一番嫌いな色だったなんて「ありえな〜い」という気になろうというものではありませんか。

なんだか、ある日妻から長年慈しんで育てた子どもが「実はあなたの子ではないの」と打ち明けられた亭主のような割り切れない気持ちです。ま、あまり後味はよくありませんが、こういうのも「目からウロコ」と言うのでしょうか。









[PR]
by love-all-life | 2014-12-27 10:02 | 自然 | Comments(1)

百十一歳の日比谷公園

e0153357_16221533.jpg









ときどきバアバの定期検診につき合って新橋の病院へ行きます。ご多分に漏れず3分の医師との面談ために3時間待ちですから患者はよいとしても、付添いの手持ち無沙汰の時間をなにか有効利用できないかと考えてウォーキングに当てることにしました。
歩いてみるとメガポリス東京が意外とコンパクトシティであることに気づきます。銀座、六本木、東京タワーはいずれも適度な散歩コースで、いつも地下鉄の乗り継ぎで戸惑っていたのがアホらしく感じられるほどです。

先日は日比谷公園でした。病院から公園の入口までは日比谷通りをほんの15分ほどです。特別これといった思い出があるわけでもないのに日比谷公園には妙に懐かしみを感じます。多分それは世の中がグルグル変るなかで、ジイジが物心ついてからずーっと変らずあるもののひとつだからでしょう。
久しぶりに訪れた公園は、初冬の陽光が静かに降りそそぎ、木々は紅葉を終えてイチョウだけが黄色い葉を散らしながら彩りを放っていました。ウイークデイの昼下がりであるためか、ベンチに人影を散見するだけで、池のほとりには三脚を立ててカワセミの出現をジーっと待つカメラマンがいたりして、まわりの喧噪に比してまことに穏やかなザ・公園といった佇まいです。

e0153357_16234528.jpg






















ずーっと奥まで足を延ばし、桜田門側の出入り口のところで思いがけない発見がありました。
それは古い水飲み場です。説明板を読むと、「この水飲みは、日比谷公園開設当時(明治36年)のものです。・・・また馬も水を飲めるような形に作られており、陸上交通の重要な部分を牛馬が担っていた当時がしのばれます。」とありますから、齢なんと111歳の大古老で有らせられます。その古色蒼然とした風貌から鹿鳴館時代を彷彿とさせ、この場所からそう遠くない鹿鳴館へ馳せ参じるにわか紳士淑女を乗せた馬車の馬もここの水で喉を潤すこともあったでしょう。因に、明治時代の古地図を見ると公園内の道は「車馬道」と表記されています。
大正12年の関東大震災にも耐え残ったのですから、あたり一面が灰塵と化した界隈のなかで立派に生き残った建てばかりの旧帝国ホテルを目撃したに違いありません。
戦時中の金属供出により鋳金製の台や飲み口の壁などが剥ぎとられて痛々しい姿になっていますが、それも今となっては時代の一証言です。

戦後の日比谷公園となるとジイジの思い出と重なる部分も少なくありません。
それまでレコードでしか聞くことのできなかった伝説的な海外音楽家がやって来るようになって演奏会をやるのは決まって日比谷公会堂でした。毎年5月1日にはメーデーの行事で群衆が集い、労働者が消費者になっていく場を提供したのもここでした。そういえば社会党党首であった浅沼稲次郎が刺された衝撃のテロも日比谷公会堂の壇上でした。その後アベックといわれたカップルの聖地ともなったようですが、この頃からこの公園とのご縁はほとんどありません。

こうした歴史的な文化財というものの効用のひとつは、自分がまだ若造のようだと錯覚させてくれることではないでしょうか。明治・大正・昭和・平成と近現代の東京の歴史の中心であり続けて来た日比谷公園は、タイムレスという時空間を体感する恰好のスポットであるように感じられたのでした。









[PR]
by love-all-life | 2014-12-13 16:27 | 時事・社会 | Comments(1)