HAND & SOUL

<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

義兄の人力ヘリコプター

e0153357_10261143.jpg







「シコルスキー賞」というのをご存知でしょうか?
レオナルド・ダ・ヴィンチが考案したヘリコプターの飛行の原理を実現しようと、アメリカ・ヘリコプター協会が1980年に設立した賞で、ヘリコプターの父とも言われるイーゴル・シコルスキーの名前をとって名付けられました。
「人力で60秒間以上」「一度は3メートルの高さに到達し」「10メートル四方の範囲内に機体を制御する」ことが条件で、賞金は25万ドルです。

何でこんな話を持ち出したかというと、近頃話題の多いドローンなる飛行物体が、6年前に他界した義兄(ということはバアバこと内藤三重子の実兄です)が日大工学部の院生を指導しながら開発し、あわやシコルスキー賞か!というところまでいって注目を集めた人力ヘリコプターと外形が良く似ているからなのです。

e0153357_10271033.jpg









義兄・内藤 晃は、太平洋戦争末期に東大で流体力学を学んでいましたが、空軍士官であった長兄が帝都防衛で戦死したことで戦後は航空の道には進まず、エンジニアとして世界初の自動エンジンの車や、農地での種の空中散布用ヘリコプターの開発に携わったりしていました。定年後になって大学で教鞭をとる傍ら、空への想いは止みがたく人類未踏の夢のヘリコプターを目指しシコルスキー賞に挑んだのです。
義兄が考案した、人がペダルを漕ぐ力で4つのプロペラを回転させ浮力を得る人力ヘリコプターは、現物は相当大きなものですが、彼が書斎でつくっていた模型は、最近テレビなどで見る首相官邸に転げ落ちたドローンと良く似ていました。
義兄の人力ヘリコプターとドローンの間にどのような技術的な関係があるのかないのか当方には皆目見当がつきませんが、そのころ彼はマサチューセッツ工科大学などのライバル・チームがいる研究機関へ講演や会議に出かけたりしていて、彼の研究が相当先駆的なものなのだろうとは感じていました。
彼は2008年に愛妻の名前をとって名付けたYURI-1号で最後の人力ヘリコプターの飛行実験を行いました。機体は実際に浮上し、あわや達成かと興奮しましたが、浮上時間20秒で条件のクリアには今一歩届きませんでした。その後しばらくは受賞に最短距離にありながら2009年に88歳で他界しました。

e0153357_10275774.jpg








その後シコルスキー賞は、義兄の死から4年経った2013年にカナダのトロント大学のチームによって達成されました。
先日NHKのTV番組「サイエンスZERO」でその時の様子を見ることができましたが、受賞者の喜びの弁で「われわれはYURI-1のアイディアに啓発された」と述べているのを知って、当方も何とも言えないような達成感を味わった気になりました。

いまドローンがまるでテロの凶器であるかのように危険視される一方で、新しい産業革命の寵児として「打ち出の小槌」でもあるかのように騒がれてもいますが、科学技術のシーズが研究者の手からうまいカタチで人間社会に引き継がれることの難しさを痛感するにつけても、ひたすら「飛ぶ夢」だけを追い続けた義兄は幸せだったと思わずにはいられません。


写真:NHK映像







[PR]
by love-all-life | 2015-05-29 10:31 | 時事・社会 | Comments(2)

国民主権の謎

e0153357_07520401.jpg







5月3日憲法記念日。朝刊の憲法関連記事に目を通していて、『改憲派 衆院議員8割 有権者は3割』との見出しに「ん?」と目を留めずにはいられませんでした。
内容は「朝日新聞社と東京大学・谷口将紀研究室が昨年末の衆院選に合わせて実施した共同調査では、憲法改正に賛成した人は、衆院選で当選した議員で84%に上る一方、有権者では33%にとどまった。改憲に反対する人は、議員で10%にとどまり、有権者では30%で賛成とほぼ並んだ。」(後略)

さて、そもそも国会議員とは有権者の意思の代弁者として選ばれる人ではないのか。ところが議員は憲法改正賛成といい、有権者はそうは思っていない・・・両者の改憲への意思がこれほど違うのはどこかヘンです。
候補者が有権者を騙したのだろうか?自分の本心を隠して当選したのだろうか?自分の意思の代弁者を見誤るほど有権者が愚かなのだろか?代議員制度そのものに欠陥があるのだろうか?それとも運用の仕方に問題があるのだろうか?

国民主権を定める現憲法をめぐって、国民の意思がないがしろにされかねないこの現象は悪い冗談ではすまされません。政治に暗い当方としては途方に暮れるばかりです。誰かこの謎解きをしてください。

因に5月3日は「ゴミの日」でもあるそうな。有権者の意思がゴミのように扱われないよう願う日かしらん。








[PR]
by love-all-life | 2015-05-04 07:53 | 時事・社会 | Comments(0)