HAND & SOUL

<   2015年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

HAND & SOUL「モノ」がたり(123) 「バアバのボロ人形」

e0153357_13255935.jpg

































これはバアバの最新作のボロ人形です。決してクサして言っているのではありません。
「こんなの作っちゃった」とバアバが手にしている人形に「何人形?」って訊いたら、「ボロ人形」って答えたのです。「ちょっと可哀想だよ」と人形に同情して言ったら、バアバは「私の分身なんだから」とややふてくされ気味に言いました。
近頃のバアバのクセなのです。自分のオフィシャルな年齢と気分年齢のギャップは依然として大きいのに、日常の暮らしではそのギャップが狭まりつつあるのを感じるのがシャクに触るらしいのです。

バアバはこの人形を家にあった廃材のかけらからつくりました。人から見れば腐りかけた古材の破片ですが、われわれにとっては決してただゴミではないのです。


e0153357_13262950.jpg









5年前にご近所のアーチストNさんに誘われて、瀬戸内国際芸術祭のプロジェクトにお手伝いとして参加しました。
作品づくりは高松港から連絡船で小1時間の「男木島」というところです。周囲4キロくらいの小島で、食堂が港に1軒、港を見下ろす丘に1軒。スーパーと呼ぶのがはばかれるほど小さな店が1軒。廃校になった小学校と廃校寸前の中学校、郵便局と港の反対側に小さな灯台があるだけで、住人といえば最後の中学生3人と老人とネコだけといった、まぁ、不便この上ない分、今となっては得難い魅力たっぷりの島でした。
いたる所に廃屋や、打ち捨てられた廃材や漁具が転がっていて、島全体として長年の潮風に晒された流木のような風情を醸し出しているのですから、ジイジ・バアバにとってはまさに宝の島でした。
島を去るとき、地元の方にお願いして送ってもらった廃材を大切に作品づくりに使っているのですが、そのまた残りかすの材木片にバアバが命を与えたのがこの「ボロ人形」というわけです。

古いもの、汚いもの、役立たずになってしまったものになにがしかの価値を与える。ときにはそれが人さまの心を動かすことができればほくそ笑む。それが私たち老鳥の生きがいであり、存在証明でもあると感じています。


「ボロ人形」内藤三重子作 (身長約19cm)  ペアで ¥7,000


<div>e0153357_16261912.jpg</div>


















[PR]
by love-all-life | 2015-09-26 13:29 | 「モノ」がたり | Comments(0)

自然は恵みか災いか

e0153357_19580167.jpg









北関東の記録的豪雨で河川の決壊などにより、またしても自然災害の過酷さをいやというほど見せつけられました。
資源の乏しい日本で唯一といってもいいほどの豊かさを享受している水資源の、普段とは全く異なった恐ろしい姿です。
緑豊かな起伏に富んだ国土、清らかな水の流れ、変化に富んだ四季折々の表情。こういったわれわれが日頃誇りに感じている自然の恵みは、一方でどれも災害の元凶でもあり得ることを再認識させられます。

以前住んでいた米どころの中越・長岡では、5月に入ると田んぼに水を引きます。市街地近くの台山に登って見下ろすと、長岡は見渡す限りの水面が広がって市街地が水にぽっかり浮いたようになり、それはまるでヴェニスのようで、毎年その景色を愛でるのを楽しみにしていました。
ところがマスコミが報じる今般の災害の遠景写真は(こういう見方は不謹慎と思いながらも)、あの5月連休のころの長岡の高地からの眺めとそっくりなのです。
一方は豊かな実りを秘めた希望の水、もう一方は人の暮らしを破壊する災いの水です。
「文明が進めば進むほど天然の暴威による災害がその激烈の度を増す。」とは寺田寅彦の言葉です。
河川の決壊による濁流のなかに点々と沈む数えきれないほどの自動車が、その言葉の今日性を感じさせます。


e0153357_19584474.jpg







一昨日こんなことがありました。
早朝、「すわッ、首都直下型地震!」と一挙に目を覚まし、「な〜んだ…」と、早く目覚めた分だけいつもよりのんびりゆっくりと裏山の神社のラジオ体操へ向かいました。
6時半からの体操は、机の上の携帯ラジオから流れる号令に合わせて老男老女が身体を動かすのですが、この日ラジオはずーっと「マチダ震度5弱、ヨコハマ震度4、・・・」と地震速報をやっていて、6時半になっても一向に終わりません。一同一瞬顔を見合わせました。と、誰かがラジオ体操第一の動きを始めたのです。するとそれ合わせて皆が「カワサキ震度4、チバ震度3・・・」の声に動ぜず黙々とラジオ体操第一、第二を規律正しく無事やり終えたのでした。
自然災害なれした近頃の世相の一こまと言うべきか、百戦錬磨の老男老女ならではの胆の坐りなのか、とても不思議な体験でした。

e0153357_19590909.jpg












自然災害はいつかはわが身に降り懸る。それは多分想定以上のものだろうという覚悟をもちながらも、できる備えはする。今日まで当事者でなかったことを感謝しつつ、自然の恵みも戒めも甘受するということでしょうか。











[PR]
by love-all-life | 2015-09-13 20:02 | 時事・社会 | Comments(0)