HAND & SOUL

<   2017年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

庭は美術館


「石ころをじっとながめているだけで、何日も何月も暮らせます。監獄にはいって、いちばん楽々ときてきてていける人間は、広い世界のなかで、この私かもしれません」。 
画壇の仙人といわれ、老境に入ってからは自宅の15坪の庭から一歩も出ず、石ころや蟻などを地面に這いつくばるよう観察し描き続けた孤高の画家・熊谷守一のことばです。


私ごとですが、子供時代は敗戦の荒廃なかで育ち、若い頃は何かにつけて素敵なもの、知るべき世界は遥か遠くにあるような気がして、さかんに海外に出ることばかり考えていました。

そろそろ中年を卒業するという時期に得た教職の仕事の関係で新潟に移り住み、遅ればせながら自国の自然の美しさに魅せられて、近辺を歩き回りドライブしまくりました。

後期高齢者となって鎌倉の自宅に戻った近頃は、家から出ることは以前と比べてはるかに少なくなり、何かを求めて出るより、庭の草花や、やってくる小鳥や昆虫やなどを観察して過ごす時間が多くなり、気づくと自分の暮らしも熊谷の世界にちょっぴり近くなったのかなと感じます。


この一週間ばかりの間にうちの庭にやって来た訪問者たちです。
e0153357_22381976.jpg
e0153357_22390100.jpg
世の中にこのような昆虫がいることは理解していても、ちょっと微細に観察してみると、わが家の庭がこんなに異様な造形美に満たされているとはうれしい驚きでした。

熊谷守一はこうした生き物の息づかいや彼らが交わす会話までも聞き取っていたに違いありません。









 

[PR]
by love-all-life | 2017-08-06 18:30 | 自然 | Comments(0)