HAND & SOUL

<   2017年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今朝、庭で起ったこと


朝起きて庭に出ると、小枝に吊るした空のエサ台の下の地面にこぼれたわずかかなエサを探していたスズメたちがパッと飛立って、エサ台に新しいエサが入れられるのを上の枝で待つというのがいつもの日課になっている光景です。

e0153357_20545660.jpg












ところが今朝は一羽だけ残っているのがいます。おやっ大胆なヤツだなと、1メートルほどまでにに近づくと、あわてた風でもなく、こそここそと近くの隅の草むらに身をひそめます。さらに近寄っても逃げないでじーっとしています。怪我をしている風ではないが、どこか身体の具合が悪いに違いないようです。
生け捕りにするのは難しくなさそうだが、生け捕ったところでどう手当するか困るだけだろうし、そうだ、孫が飼っているジュウシマツの鳥籠に入れようかとも思ったのですが、もしこのスズメが細菌をもつ病気だったら、それはできないし・・・、ペットの病院に持ち込むほどの義理があるわけではないし・・・・、ま、少し様子を見ることにしました。
しばらくすると草陰からのこのこ出て来て、動きはやや緩慢ですが、地面のエサを啄んだり、蓮が植えてある瓶に登って水を飲んだりするので、そのうち元気を取り戻すかもしれないと少し安心して,庭で仕事をしていました。
そのうち真夏の太陽がジリジリと照り始めるとそのスズメは強い光線を避けて花壇の草の陰で身をひそめているようでしたが、こちらも仕事に気をとられて3時間ほど彼のことは忘れていました。
お昼近くになって、仕事の手を休めたときにふと思い出して、前いたところを見ましたが姿が見えません。自力で飛立って行ったのかしらと、ホッとしながらもちょっと寂しい気持ちで、さらに花壇の奥まで調べると、一番深い茂みの中にそのスズメが横たわって死んでいるのを発見しました。遺体にはすでにたくさんの蟻がたかっています。
e0153357_21265270.jpg
それは思いがけない大きな衝撃でした。なぜ最初発見した時に彼に死期が迫っていることを見抜けなかったのだろうか、なぜもっと真剣に救う手だてを考えなかったのだろうか、言いようもない悔悟の念と罪の意識を感じました。
心の動揺を抑えながら、今となって当方にできることと言えば、花壇の隅ににささやかなの墓地を作ってやることぐらいですが、そのかわいい小動物の死のことは一日中頭から離れませんでした。

男の平均寿命に達した当方にとって、何かにつけて自らの死を身近な事柄として向き合わざるを得ないことは心得てはいるものの、いざそこにいたるまでに何が起るか、自分自身についてだけでなくまわりの人に対して何をしておくべきかなどもろもろ考えるだけでもコトの大きさ複雑さに気が重くなります。
それに比べて今朝のスズメの死のなんと静かなことか。救急車が走り回るでもなし、体中にビニールパイプがさされるでもなし、苦悩の表情や叫び声ひとつ聞くでもなし、ただひたすら自らの運命を静かに受け入れる姿が何か立派なに思えて、どこか羨望さえ感じてしまいます。これが自然の死の受け入れ方なのでしょう。
生まれてこのかた、自然を浪費し、逆らい、汚し続けてきたヒトの死が、小鳥の死のように自然で安らかにでないのは致し方ないのかもしれません。





[PR]
by love-all-life | 2017-08-27 21:29 | Comments(0)

庭は美術館


「石ころをじっとながめているだけで、何日も何月も暮らせます。監獄にはいって、いちばん楽々ときてきてていける人間は、広い世界のなかで、この私かもしれません」。 
画壇の仙人といわれ、老境に入ってからは自宅の15坪の庭から一歩も出ず、石ころや蟻などを地面に這いつくばるよう観察し描き続けた孤高の画家・熊谷守一のことばです。


私ごとですが、子供時代は敗戦の荒廃なかで育ち、若い頃は何かにつけて素敵なもの、知るべき世界は遥か遠くにあるような気がして、さかんに海外に出ることばかり考えていました。

そろそろ中年を卒業するという時期に得た教職の仕事の関係で新潟に移り住み、遅ればせながら自国の自然の美しさに魅せられて、近辺を歩き回りドライブしまくりました。

後期高齢者となって鎌倉の自宅に戻った近頃は、家から出ることは以前と比べてはるかに少なくなり、何かを求めて出るより、庭の草花や、やってくる小鳥や昆虫やなどを観察して過ごす時間が多くなり、気づくと自分の暮らしも熊谷の世界にちょっぴり近くなったのかなと感じます。


この一週間ばかりの間にうちの庭にやって来た訪問者たちです。
e0153357_22381976.jpg
e0153357_22390100.jpg
世の中にこのような昆虫がいることは理解していても、ちょっと微細に観察してみると、わが家の庭がこんなに異様な造形美に満たされているとはうれしい驚きでした。

熊谷守一はこうした生き物の息づかいや彼らが交わす会話までも聞き取っていたに違いありません。









 

[PR]
by love-all-life | 2017-08-06 18:30 | 自然 | Comments(0)