HAND & SOUL

「知識」の使い捨て時代

e0153357_946860.jpg




















古本屋の店頭の平台には、少々手あかのついた文庫本や、時代遅れになった実用本や、長編小説の一編だけといった類いの本が身を寄せ合ってそれぞれの生涯の最後の姿を晒しています。
ときにはそんな中にこちらの好みの作家の小説や、めずらしいノンフィクションものが混じっていたりしていることもあり、そんな時には100円ショップで「エッ、こんなものが100円で!」と感動する時のような驚きがあって、なんとなく気になる場所ではあります。

e0153357_9484222.jpg








先日もふらっと立ち寄った古書店の平台に、他の本を圧倒するような立派な洋書がデンと置いてありました。この本どこかで見たことがあるなと手に取ってみると、かって所属していた大学の図書館の蔵書に同じものがあったことに気づきました。
それは「ULTIMATE VISUAL DICTIONARY」という本で、大型で幼児では持ち上げられないくらい重く、660ページもあって、全ページが種々の絵や写真とそれらを説明する短い文で埋め尽くされていいます。つまりこれは文字でひいて単語の意味を調べる辞書ではなく、目で見て調べる辞典なのです。
文章が英文だという不便さはありますが、「あれ、どんな姿をしていたっけ?」とか「これって,何?」というようなときや、実物を見ないで絵を描くときなどに恰好な資料となる手引書です。
内容には、宇宙・地球・天体・植物・動物・人体・地質・気象・物理・化学・鉄道・道路・海・大気・美術・建築・音楽・現代世界などの項目がずらりと並んでいます。
ひとつひとつの絵や写真の質も高く、レイアウトもスマートで、とくに目的がなくてもパラパラページをめくっているだけで、なんだか物知りになったような気分になれるし、子どもなどに現物を前にしないで物事の説明をするときなど重宝するだろうと思われます。
e0153357_9553165.jpg

今回この本をブログでとりあげようと思ったのは、実はこの本の中身ではなく、お値段がなんと108円だったからなのです。
調べてみると初版が1994年で、本国アメリカで40$、カナダで60$で出版されたことが分かります。買った本のブックカバーには日焼けして茶色くなったシールに¥3,306 とタイプされいて、別の場所に¥108の小さな新しいシールが貼ってあります。つまり日本で当初3,306 円で売られていた本が十数年経って、古書業者がただ同然に仕入れ、いま¥108というほとんど無価値の烙印を押されて店頭に並んでいるということなのです。
何でこんなことが起るのだろうかという疑問への答えは、言わずとインターネットやWikipediaの存在であることは明白です。

いまや、あらゆる「知識」は、まるでアラジンの魔法のランプのようにスマホを操る指先から寸時に現れてくるのです。
かってのように図書館に行く、本をめくる、資料を漁る、自ら訪ねる、恥をかきながら人に尋ねるといった手順は一切不要の世の中になってしまったのです。いや,そのような錯覚が錯覚とも自覚しないで済むご時世のようです。
大学、高校生の孫を身近でみていて、彼らは「知らない」とこに劣等感をもつこともないし、「知らない」うことを自覚しさえしない世代だということを感じます。会話をしていて、何か分からないコトがあると、瞬時にスマホをとりだし、瞬時に答えを明らかなにして会話は続きます。
ほとんど老年期に達してパソコンを手にしたジイジ世代にとって、そういう情景は「おまえ、それって知っているんじゃなくて、ほとんどカンニングじゃないか」感じてしまいます。キイを押せばお金が出て来るATMでさえ苦労して貯めた預金が必要ではないか。こんな知識のただ乗りのようなことが許されてよいのかと当惑するばかりです。

スマホに触れる指先で森羅万象を操れるような気分でいる若者たちへのぐだぐだしたお説教は彼らから相手にされそうもないのでこれくらいにして、いまだスマホをもたない当方としては、せめて路上で寂げな姿を晒してる老学者のような古本を見て哀れを感じ、求めて家の本棚に安住の場をつくってやることにしました。


*上の写真のブックエンドはHAND & SOULオリジナルの「PUSH MANブックエンド」 1対で¥5,000
[PR]
# by love-all-life | 2016-05-28 18:00 | Comments(1)

政治もデザインもフランスの勝ち!

e0153357_17485293.jpg















むかし図案と言われていたものがシンボルマークやロゴなどと呼ばれるようになり、近頃はもっぱらエンブレムという言葉が流行りになっていますが、さて、これは何のエンブレムでしょう?

このエンブレム、NHK BS1のドキュメンタリー「食料廃棄物ゼロにせよ」を観ていて初めてお目にかかりました。
深刻な格差や資源の枯渇などが問題視される一方で、世界中の食料生産量の1/3が捨てられている状況は許せないと、フランスではすべての大型スーパーに売れ残りの食料品の廃棄を禁じる「食料廃棄禁止法」が制定されました。番組では国が決めたこの思い切った制度に対応して、食品廃棄物ゼロをめざすスーパーやフードバンク、慈善団体などの取り組みが紹介されます。なかでも家庭から出るゴミは食品廃棄の最大のものとして、消費者の意識や,購買行動へのアプローチが示されますが、そのなかで紹介されるのがこのエンブレムなのです。

e0153357_17495221.jpg

このエンブレムは言ってみれば「キズもの」表示です。形の整ったアスパラガスは売れるが、曲がっていたり、キズがあると売れ残ります。そのような「キズもの商品」を値下げして、このエンブレム・シールを貼って「よい味を、無駄なく食べましょう」と呼びかけるのです。
日本でも「キズもの」は安売りの手法として定着していて、なかにはおせんべいをわざわざ割って「キズもの」として販売増進を謀るといった不純な手口もあるようです。
このフランスのエンブレムでは、「よいものを、無駄なく」と呼びかけて、消費者を地球市民とみる視点が、「キズもの商法」とはっきり異なっています。

e0153357_1831173.jpg










デザインは「少々の問題があるリンゴ」を擬人化したものですが、醜さをおかしさ・親しみやすさにすり替えた巧みなデザインで、日本にあふれるカワイイ系、癒し系ユルキャラの幼稚性は感じられなくて、ややシニカルな趣もただよっていて大人の心に触れるユーモアのセンスを感じます。
日本ではこのところのオリンピックのエンブレム騒動で、にわかに「デザイン」が広く一般の関心事となっているのは本来的には歓迎すべきことですが、ことの流れをみていると、公平・公正といった観点に話題が集中し、「デザインの世界も民主主義だぜ」みたいな空気なっていくのには違和感を覚えます。
ま、いまのデザイン界に誰もが認めるようなプロの不在を世間一般が何となく感じていて、そのフラストレーションの現れとみるべきでしょうか。

政治も、市民も、デザインも、「フランスって大人だなぁ」と感じた番組でした。


------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
# by love-all-life | 2016-04-20 18:14 | 時事・社会 | Comments(0)

清貧の政治思想

4月1日。世の中、新しい年度がスタートしました。安倍政権は金さえあれば何でもできると史上最大の国家予算を懐に、安保法施行、国防費増強、ニッポン一億総活躍プラン、同一労働同一賃金と、強くて豊かな国づくりの演出に躍起です。
しかし一旦決めた消費税増税をやるのかやらないのか、そのおずおずした様子をみていると、やっぱり心の奥を支配する想いは「国民」より「選挙」なんだと思わざるを得ません。

e0153357_18261574.jpg







そんな年初の日の朝刊(朝日新聞)のなかで当方の心を捉えたのは前ウルグァイ大統領ホセ・ムヒカさんへのインタビュー記事「清貧の政治思想」でした。(www.asahi.com/opinion)
在任中も立派な大統領公邸を拒み小さな平屋に住み、愛車の1987年製のフォルクスワーゲンを駆る氏の発言は、地球の裏側のどこかの国の政治家に聞かせたい言葉に溢れています。

「『貧しい人』とは、限りない欲を持ち、いくらあっても満足しない人のことだ」

「生きていくには働かなくてはいけない。でもだけでは働くだけでの人生でもいけない。ちゃんと生きることが大切なんだ。たくさん買物をした引き換えに、人生の残り時間がなくなってしまっては元も子もないだろう。簡素に生きていれば人は自由なんだよ」

「私たち政治家は、世の中の大半の国民と同じ程度の暮らしを送るべきなのだ。一部特権層のような暮らしをし、自らの利益のために政治を動かし始めたら、人々は政治への信頼を失ってしまう」

「怖いのは、グローバル化が進み、世界に残酷な競争が広がっていることだ。すべてを市場とビジネスが決めて、政治の知恵が及ばない。まるで頭脳のない怪物のようなものだ。これはまずい」


そして、
「日本のいまを、よく知りたいんだ。世界がこの先どうなるのか、いま日本に起きていることのなかに未来を知る手がかりがあるように思う。経済も技術も大きな発展をとげた働き者の国だ。結局、皆さんは幸せになれたのですか、と問うてみたいな」


さて、随分ご無沙汰してしまった当ブログですが、HAND & SOULがいまだこの世に存在するかいぶかる向きもお有りかと思いますので、ジイジ・バアバ二人合わせて精神年齢20歳、実年齢160歳のパワーはいまだ健全であることをご報告するとともに、「清貧」という日本語の美しい響きにかぎりない共感を寄せ続けたいと思っています。
この2月末には青山のタンバリンギャラリーにて6回目のHAND & SOUL展を催し、5月の開店8周年を期して、店の外壁の塗装を行い心機一転、あたかも新しいランドセルを手にしたような若やいだ気持ちで張り切っております。
今後ともによろしくお引き立てのほどを・・・・。
e0153357_18285776.jpg

[PR]
# by love-all-life | 2016-04-01 18:35 | 時事・社会 | Comments(1)

舌を刺す

e0153357_19544020.jpg





「舌を刺す」という言葉を知ってる?と家人に聞いたら誰も知りません。
ではとパソコンの国語辞典に聞いても「国語辞書に一致する情報は見つかりません」と相手にしてくれません。
「えッ、そんな馬鹿な・・・腐敗しそうな食べものを口に入れたときにピリっと舌にくる、あの感触だよ」と
言ってみたものの、そもそも近頃では腐敗しそうな食べ物を口にすることなどないのだと気づきました。

そう「舌を刺す」という言葉は少年時代の戦後の食料不足の思い出と直結します。
美味しいもの、新鮮なものなどと贅沢は言っていられません。「食べられれば食べる」というのがあたりまえのことでした。冷凍庫も冷蔵庫もなし、まして賞味期限などいう言葉なんてだれも知りませんでした。
魚はその日その日に魚屋の店頭でハエを追い払いながら買って来たものを晩に食べるのが当たり前のことで、当然日を越すと腐敗が始まります。それでも残った食料を捨てるということは極力しないで食べます。そんなとき母親が「舌を刺したらやめなさい」と言うのです。
だから子どもにとって「舌を刺す」は、自らが下痢や腸チフスのリスクから逃れるための大切なサインであったわけで忘れようもありません。
ちなみにジイジより二つ年長のバアバに聞いたら「知ってるわよ」と、なんでそんなこと聞くのと怪訝な面持ちです。

相変わらずの昔話をもち出したのは、このところの廃棄食品問題のニュースを見聞きする度に、おだやかな気分でいられないからなのです。
廃棄物処理業者が廃品として受け取ったものを食品と偽って流通するのは廃棄物処理法に反するというのです。
それはそうだが、その後の議論がともすると食品安全管理の見地から、このような手口が起らないようにするには、といった方向に動いていくのをみてちょっと違うんじゃないの?と言わざるを得ません。

このような事件を誘発する原因は、かくも大量の食品が廃品業者に流れることだが、何と言ってもその根幹はあまりにも多くの食べ物を捨てるという世の中のあり方が問題なのではないか。
国内で出る食品の産廃は年間250万トンにも及ぶと聞いてもそのスケールの大きさにはいまいちピンときませんが、その一因とされる食品業界の「3分の1ルール」というのを知ると驚きです。
製造から賞味期限までの3分の1を過ぎた商品は小売店へ納品できず、小売店は3分の2を経過した時点で店頭から下げるという商習慣が存在するのです。
賞味期限というのは、知ってのように美味しく食べられる期間という意味で、その食品が食べられなくなる期限ではありません。つまり日本では食べ物は美味しいうちに捨てるというのが食品業界の暗黙のルールだというのです。
捨てられたものを食品と偽って売るのもいけないが、食べ物は美味しいうちに捨てなければいけないというのも、同じように良くないことではないか。
ただ、廃品業者の方は法律に違反するので対処は比較的簡単ですが、一方賞味期限は食の安全、消費者の健康のためといった大義名分があるので簡単に悪者にしてしまうにはためらいます。

それにつけても、飢えた幼児がティシュを口にする母子家庭の話、食費に事欠いて1日2食で我慢する多くの非正規雇用サラリーマン・・・・、王侯貴族の食卓と敗戦直後の貧困が同居するこの不条理な社会を生み出したのは誰か?
その責任は国民みんなでシェアすべきものですが、その先頭にいるのが金、金、金のシュプレヒコールのもと、アベノミックスとやらの錦の御旗を振りかざす品のない為政者だとなると、つい「舌を刺す」感覚が蘇ってきてしまうのです。
[PR]
# by love-all-life | 2016-01-27 00:15 | 時事・社会 | Comments(0)

今年は傘が要りそう


e0153357_20135967.jpg








もう昨年になってしまいましたが、ついこの間近所の図書館で特別な思いがあったわけでもなく借出した本に、こんな一節がありました。

「ソロモンは賢者だったと思いますか」。
「怪しいですね。ホロヴィッツさん。しかし老いた者のみが賢者たりえます。これは老人が必ずしも賢者であるということではありませんよ。じっさい若いときに愚かな人間は年取ってもやはり愚かなままです」。
ホロヴィッツが付け加えた。「そして若いころよりももっと馬鹿面で醜くなる」。
「そうとは限りませんよ、マエストロ。トスカニーニ、カザルス、ミロ、ピカソ、ブラック、コクトー、その他多くの芸術家たちは老いたときにいい顔をしていましたよ」。
「そうです、それはまだ彼らが懸命に仕事をしていたからです」とホロヴィッツが答えた。

ホロヴィッツさんとは、言うまでもなくあの稀代のピアニストのことであり、彼に密着取材した音楽評論家デヴィッド・デュバルの著書「ホロヴィッツの夕べ」を読んでいて出会ったやり取りです。
こちらが物心ついてからずーっと老人であったという印象のホロヴィッツ。その彼が「老い」についてどのような考えをもっていたかを知るのは興味深いことです。

80歳で生きるレジェンドとして初来日し、待ちに待った日本のクラシック・ファンの耳に届いた彼の演奏を「ヒビの入った骨董品」と評され、そのことをすごく気にして3年後再来日し、その汚名を注いだ根性の仕事師ならではの言葉です。

長年の懸命なパフォーマンスの積み重ねこそが人を賢者たらしめ、いい顔の老人をつくる。
今年の年初の言葉として、実現は難しそうだけど覚えておこう。
[PR]
# by love-all-life | 2016-01-03 20:16 | 文芸・アート | Comments(1)