HAND & SOUL

舌を刺す

e0153357_19544020.jpg





「舌を刺す」という言葉を知ってる?と家人に聞いたら誰も知りません。
ではとパソコンの国語辞典に聞いても「国語辞書に一致する情報は見つかりません」と相手にしてくれません。
「えッ、そんな馬鹿な・・・腐敗しそうな食べものを口に入れたときにピリっと舌にくる、あの感触だよ」と
言ってみたものの、そもそも近頃では腐敗しそうな食べ物を口にすることなどないのだと気づきました。

そう「舌を刺す」という言葉は少年時代の戦後の食料不足の思い出と直結します。
美味しいもの、新鮮なものなどと贅沢は言っていられません。「食べられれば食べる」というのがあたりまえのことでした。冷凍庫も冷蔵庫もなし、まして賞味期限などいう言葉なんてだれも知りませんでした。
魚はその日その日に魚屋の店頭でハエを追い払いながら買って来たものを晩に食べるのが当たり前のことで、当然日を越すと腐敗が始まります。それでも残った食料を捨てるということは極力しないで食べます。そんなとき母親が「舌を刺したらやめなさい」と言うのです。
だから子どもにとって「舌を刺す」は、自らが下痢や腸チフスのリスクから逃れるための大切なサインであったわけで忘れようもありません。
ちなみにジイジより二つ年長のバアバに聞いたら「知ってるわよ」と、なんでそんなこと聞くのと怪訝な面持ちです。

相変わらずの昔話をもち出したのは、このところの廃棄食品問題のニュースを見聞きする度に、おだやかな気分でいられないからなのです。
廃棄物処理業者が廃品として受け取ったものを食品と偽って流通するのは廃棄物処理法に反するというのです。
それはそうだが、その後の議論がともすると食品安全管理の見地から、このような手口が起らないようにするには、といった方向に動いていくのをみてちょっと違うんじゃないの?と言わざるを得ません。

このような事件を誘発する原因は、かくも大量の食品が廃品業者に流れることだが、何と言ってもその根幹はあまりにも多くの食べ物を捨てるという世の中のあり方が問題なのではないか。
国内で出る食品の産廃は年間250万トンにも及ぶと聞いてもそのスケールの大きさにはいまいちピンときませんが、その一因とされる食品業界の「3分の1ルール」というのを知ると驚きです。
製造から賞味期限までの3分の1を過ぎた商品は小売店へ納品できず、小売店は3分の2を経過した時点で店頭から下げるという商習慣が存在するのです。
賞味期限というのは、知ってのように美味しく食べられる期間という意味で、その食品が食べられなくなる期限ではありません。つまり日本では食べ物は美味しいうちに捨てるというのが食品業界の暗黙のルールだというのです。
捨てられたものを食品と偽って売るのもいけないが、食べ物は美味しいうちに捨てなければいけないというのも、同じように良くないことではないか。
ただ、廃品業者の方は法律に違反するので対処は比較的簡単ですが、一方賞味期限は食の安全、消費者の健康のためといった大義名分があるので簡単に悪者にしてしまうにはためらいます。

それにつけても、飢えた幼児がティシュを口にする母子家庭の話、食費に事欠いて1日2食で我慢する多くの非正規雇用サラリーマン・・・・、王侯貴族の食卓と敗戦直後の貧困が同居するこの不条理な社会を生み出したのは誰か?
その責任は国民みんなでシェアすべきものですが、その先頭にいるのが金、金、金のシュプレヒコールのもと、アベノミックスとやらの錦の御旗を振りかざす品のない為政者だとなると、つい「舌を刺す」感覚が蘇ってきてしまうのです。
[PR]
# by love-all-life | 2016-01-27 00:15 | 時事・社会 | Comments(0)

今年は傘が要りそう


e0153357_20135967.jpg








もう昨年になってしまいましたが、ついこの間近所の図書館で特別な思いがあったわけでもなく借出した本に、こんな一節がありました。

「ソロモンは賢者だったと思いますか」。
「怪しいですね。ホロヴィッツさん。しかし老いた者のみが賢者たりえます。これは老人が必ずしも賢者であるということではありませんよ。じっさい若いときに愚かな人間は年取ってもやはり愚かなままです」。
ホロヴィッツが付け加えた。「そして若いころよりももっと馬鹿面で醜くなる」。
「そうとは限りませんよ、マエストロ。トスカニーニ、カザルス、ミロ、ピカソ、ブラック、コクトー、その他多くの芸術家たちは老いたときにいい顔をしていましたよ」。
「そうです、それはまだ彼らが懸命に仕事をしていたからです」とホロヴィッツが答えた。

ホロヴィッツさんとは、言うまでもなくあの稀代のピアニストのことであり、彼に密着取材した音楽評論家デヴィッド・デュバルの著書「ホロヴィッツの夕べ」を読んでいて出会ったやり取りです。
こちらが物心ついてからずーっと老人であったという印象のホロヴィッツ。その彼が「老い」についてどのような考えをもっていたかを知るのは興味深いことです。

80歳で生きるレジェンドとして初来日し、待ちに待った日本のクラシック・ファンの耳に届いた彼の演奏を「ヒビの入った骨董品」と評され、そのことをすごく気にして3年後再来日し、その汚名を注いだ根性の仕事師ならではの言葉です。

長年の懸命なパフォーマンスの積み重ねこそが人を賢者たらしめ、いい顔の老人をつくる。
今年の年初の言葉として、実現は難しそうだけど覚えておこう。
[PR]
# by love-all-life | 2016-01-03 20:16 | 文芸・アート | Comments(1)

HAND & SOUL「モノ」がたり(124) 「ワインボトルでチーズを切る?」

e0153357_15281415.jpg



















もう30数年来の友人であるFさんは、かって外資系広告代理店での仕事仲間で、その後築地でデザイン会社を興し、成功させて息子さんに引き継ぎ、いまは陶芸窯を備えた山梨県の山小屋と東京のデュアル・ライフをエンジョイしている結構なご身分です。
ある日彼がHAND & SOULに現れて,「どうォ、これ。チーズ・カッターボードとかサイドプレートにならない?」と取り出したのは、ぺちゃんこにつぶれたワインボトルでした。
山小屋の窯で、御用済みのワインボトルを適度の温度で熱し、ちょっとした隠し技を加えることで完成させたものだそうです。温度が高すぎるとガラスのボトルは溶けて流れてしまうし、原型を保ちつつ、何かを乗せたくなるようなフォルムに仕上げるにはいろいろな試行錯誤があったようです。
サンプルを預かって、店でブレスレットやイヤリングなどのアクセサリーを乗せていたら、「へ〜、このお皿かわいい」と商品よりそちらの方に興味を示すお客さんが少なからずいたので、早速Fさんに「作者の想いどおり、食器として置かしてもらうから、もっと持って来て」と頼み、HAND & SOULのコレクションの仲間入りしているのです。
お客さんを迎えた夕食卓などで、中身の入ったワインボトルの脇に、チーズやナッツやオリーブなどを乗せて、くたびれたように横たわる姿は「いつまでも、あなたのそばがいいい」と未練を残しているようで、どこかユーモラスでもありますよ。


ワインボトルのチーズ・カッターボードorサイドプレート 1つ ¥3,500



e0153357_16261912.jpg


























[PR]
# by love-all-life | 2015-11-15 15:30 | 「モノ」がたり | Comments(0)

「ありがとう、スタルク。」

e0153357_21572011.jpg












鎌倉に住んで50年、といっても30年は東京に勤め先をもつ言うところの鎌倉都民、15年は長岡市民だったということで、市県民税・固定資産税の高さに市民意識が呼び起こされることはあっても、いまだに道で観光客に鎌倉のお寺の宗派を訊かれてもモゾモゾと口ごもる始末です。
やっとこの数年、町内会に顔を出したり、朝のラジオ体操のお仲間ができたりすると、今度は老朽化した建造物の保存活動や、ピースパレードの参加にお声がかかるようになって、横断幕を掲げて市内をねり歩いたりして、鎌倉市民らしい振る舞いがめっきり増えました。

そんなとき地域貢献の絶好の機会が到来しました。市内の小学生にデザインについて話してみないかというお誘いです。
これはNPO法人「子ども大学かまくら」という小学校高学年を対象とした学校外授業で、子供たちにより多面的に考え、応用し、判断する力を涵養しようという試みで、市内の大学教授や専門家がボランティアで授業を行うもので、5年前にスタートしました。学長は養老孟司さんです。
毎年応募者から200名を受け入れ、授業やゼミ実習、体験学習などを行います。当方に与えられたのは「デザイナーになってみよう」という20人の実習ゼミで2時間づつ、3回授業です。

7年ぶりの授業ということで、いささか緊張しながらも張り切って準備をはじめたのはよかったのですが、これがなかなか難物でした。
こちらが伝えたい内容は簡単に決められるのですが、問題は相手が小学生だということです。例えば「デザインは美しさと機能を考えます」と言おうとする時、機能の文字にはフリガナが必要だろうか、そもそも「きのう」という言葉の意味が通ずるだろうか?ではなんと説明する?というような疑問が後から後から出てくるのです。
計画、図案、芸術、情報、環境、快い、感動、新鮮、好奇心、工夫、目的・・・、このような言葉を何気なく使ってしまってよいのだろうか、でないとしたらどう説明するか、でもひとつひとつ説明していたら果たして時間が足りるだろうか、足りるとして、でも子どもたちは退屈するだろうな。こんなことを考えていると暗澹としてくるのです。
改めて小学校の先生というのはたいへんな仕事なのだなあという実感を得るとともに、小学校の先生には教員資格が求められ、大学教授には求められないことが理解できたのでした。

さて、そんな疑念の晴れないままの授業でしたが、子供たちの満足度は未知ですが、こちらの疲れは大学生を相手とするよりはるかに大きかったことだけは確かです。
話の中で一カ所とても盛り上がったことがありました。それは「よいデザインとは何か」という話で、例を示すスライドを見せるほかに、家にあったフィリップ・スタルクのレモン絞り器を持参し子どもたちに示して「これが、先生の大好きなグッドデザインです!」と言ったときです。彼らの目は一斉に輝き、驚き、コメントが相次いだのです。「どうやって使うの?」「どこで売ってるの?」「使いたい!」「飲みたい!」。
お陰で次回の授業では皆にレモンジュースを1杯づつサービスするハメになりそうです。










[PR]
# by love-all-life | 2015-10-25 22:00 | 文芸・アート | Comments(1)

HAND & SOUL「モノ」がたり(123) 「バアバのボロ人形」

e0153357_13255935.jpg

































これはバアバの最新作のボロ人形です。決してクサして言っているのではありません。
「こんなの作っちゃった」とバアバが手にしている人形に「何人形?」って訊いたら、「ボロ人形」って答えたのです。「ちょっと可哀想だよ」と人形に同情して言ったら、バアバは「私の分身なんだから」とややふてくされ気味に言いました。
近頃のバアバのクセなのです。自分のオフィシャルな年齢と気分年齢のギャップは依然として大きいのに、日常の暮らしではそのギャップが狭まりつつあるのを感じるのがシャクに触るらしいのです。

バアバはこの人形を家にあった廃材のかけらからつくりました。人から見れば腐りかけた古材の破片ですが、われわれにとっては決してただゴミではないのです。


e0153357_13262950.jpg









5年前にご近所のアーチストNさんに誘われて、瀬戸内国際芸術祭のプロジェクトにお手伝いとして参加しました。
作品づくりは高松港から連絡船で小1時間の「男木島」というところです。周囲4キロくらいの小島で、食堂が港に1軒、港を見下ろす丘に1軒。スーパーと呼ぶのがはばかれるほど小さな店が1軒。廃校になった小学校と廃校寸前の中学校、郵便局と港の反対側に小さな灯台があるだけで、住人といえば最後の中学生3人と老人とネコだけといった、まぁ、不便この上ない分、今となっては得難い魅力たっぷりの島でした。
いたる所に廃屋や、打ち捨てられた廃材や漁具が転がっていて、島全体として長年の潮風に晒された流木のような風情を醸し出しているのですから、ジイジ・バアバにとってはまさに宝の島でした。
島を去るとき、地元の方にお願いして送ってもらった廃材を大切に作品づくりに使っているのですが、そのまた残りかすの材木片にバアバが命を与えたのがこの「ボロ人形」というわけです。

古いもの、汚いもの、役立たずになってしまったものになにがしかの価値を与える。ときにはそれが人さまの心を動かすことができればほくそ笑む。それが私たち老鳥の生きがいであり、存在証明でもあると感じています。


「ボロ人形」内藤三重子作 (身長約19cm)  ペアで ¥7,000


<div>e0153357_16261912.jpg</div>


















[PR]
# by love-all-life | 2015-09-26 13:29 | 「モノ」がたり | Comments(0)