HAND & SOUL

「ありがとう、スタルク。」

e0153357_21572011.jpg












鎌倉に住んで50年、といっても30年は東京に勤め先をもつ言うところの鎌倉都民、15年は長岡市民だったということで、市県民税・固定資産税の高さに市民意識が呼び起こされることはあっても、いまだに道で観光客に鎌倉のお寺の宗派を訊かれてもモゾモゾと口ごもる始末です。
やっとこの数年、町内会に顔を出したり、朝のラジオ体操のお仲間ができたりすると、今度は老朽化した建造物の保存活動や、ピースパレードの参加にお声がかかるようになって、横断幕を掲げて市内をねり歩いたりして、鎌倉市民らしい振る舞いがめっきり増えました。

そんなとき地域貢献の絶好の機会が到来しました。市内の小学生にデザインについて話してみないかというお誘いです。
これはNPO法人「子ども大学かまくら」という小学校高学年を対象とした学校外授業で、子供たちにより多面的に考え、応用し、判断する力を涵養しようという試みで、市内の大学教授や専門家がボランティアで授業を行うもので、5年前にスタートしました。学長は養老孟司さんです。
毎年応募者から200名を受け入れ、授業やゼミ実習、体験学習などを行います。当方に与えられたのは「デザイナーになってみよう」という20人の実習ゼミで2時間づつ、3回授業です。

7年ぶりの授業ということで、いささか緊張しながらも張り切って準備をはじめたのはよかったのですが、これがなかなか難物でした。
こちらが伝えたい内容は簡単に決められるのですが、問題は相手が小学生だということです。例えば「デザインは美しさと機能を考えます」と言おうとする時、機能の文字にはフリガナが必要だろうか、そもそも「きのう」という言葉の意味が通ずるだろうか?ではなんと説明する?というような疑問が後から後から出てくるのです。
計画、図案、芸術、情報、環境、快い、感動、新鮮、好奇心、工夫、目的・・・、このような言葉を何気なく使ってしまってよいのだろうか、でないとしたらどう説明するか、でもひとつひとつ説明していたら果たして時間が足りるだろうか、足りるとして、でも子どもたちは退屈するだろうな。こんなことを考えていると暗澹としてくるのです。
改めて小学校の先生というのはたいへんな仕事なのだなあという実感を得るとともに、小学校の先生には教員資格が求められ、大学教授には求められないことが理解できたのでした。

さて、そんな疑念の晴れないままの授業でしたが、子供たちの満足度は未知ですが、こちらの疲れは大学生を相手とするよりはるかに大きかったことだけは確かです。
話の中で一カ所とても盛り上がったことがありました。それは「よいデザインとは何か」という話で、例を示すスライドを見せるほかに、家にあったフィリップ・スタルクのレモン絞り器を持参し子どもたちに示して「これが、先生の大好きなグッドデザインです!」と言ったときです。彼らの目は一斉に輝き、驚き、コメントが相次いだのです。「どうやって使うの?」「どこで売ってるの?」「使いたい!」「飲みたい!」。
お陰で次回の授業では皆にレモンジュースを1杯づつサービスするハメになりそうです。










[PR]
# by love-all-life | 2015-10-25 22:00 | 文芸・アート | Comments(1)

HAND & SOUL「モノ」がたり(123) 「バアバのボロ人形」

e0153357_13255935.jpg

































これはバアバの最新作のボロ人形です。決してクサして言っているのではありません。
「こんなの作っちゃった」とバアバが手にしている人形に「何人形?」って訊いたら、「ボロ人形」って答えたのです。「ちょっと可哀想だよ」と人形に同情して言ったら、バアバは「私の分身なんだから」とややふてくされ気味に言いました。
近頃のバアバのクセなのです。自分のオフィシャルな年齢と気分年齢のギャップは依然として大きいのに、日常の暮らしではそのギャップが狭まりつつあるのを感じるのがシャクに触るらしいのです。

バアバはこの人形を家にあった廃材のかけらからつくりました。人から見れば腐りかけた古材の破片ですが、われわれにとっては決してただゴミではないのです。


e0153357_13262950.jpg









5年前にご近所のアーチストNさんに誘われて、瀬戸内国際芸術祭のプロジェクトにお手伝いとして参加しました。
作品づくりは高松港から連絡船で小1時間の「男木島」というところです。周囲4キロくらいの小島で、食堂が港に1軒、港を見下ろす丘に1軒。スーパーと呼ぶのがはばかれるほど小さな店が1軒。廃校になった小学校と廃校寸前の中学校、郵便局と港の反対側に小さな灯台があるだけで、住人といえば最後の中学生3人と老人とネコだけといった、まぁ、不便この上ない分、今となっては得難い魅力たっぷりの島でした。
いたる所に廃屋や、打ち捨てられた廃材や漁具が転がっていて、島全体として長年の潮風に晒された流木のような風情を醸し出しているのですから、ジイジ・バアバにとってはまさに宝の島でした。
島を去るとき、地元の方にお願いして送ってもらった廃材を大切に作品づくりに使っているのですが、そのまた残りかすの材木片にバアバが命を与えたのがこの「ボロ人形」というわけです。

古いもの、汚いもの、役立たずになってしまったものになにがしかの価値を与える。ときにはそれが人さまの心を動かすことができればほくそ笑む。それが私たち老鳥の生きがいであり、存在証明でもあると感じています。


「ボロ人形」内藤三重子作 (身長約19cm)  ペアで ¥7,000


<div>e0153357_16261912.jpg</div>


















[PR]
# by love-all-life | 2015-09-26 13:29 | 「モノ」がたり | Comments(0)

自然は恵みか災いか

e0153357_19580167.jpg









北関東の記録的豪雨で河川の決壊などにより、またしても自然災害の過酷さをいやというほど見せつけられました。
資源の乏しい日本で唯一といってもいいほどの豊かさを享受している水資源の、普段とは全く異なった恐ろしい姿です。
緑豊かな起伏に富んだ国土、清らかな水の流れ、変化に富んだ四季折々の表情。こういったわれわれが日頃誇りに感じている自然の恵みは、一方でどれも災害の元凶でもあり得ることを再認識させられます。

以前住んでいた米どころの中越・長岡では、5月に入ると田んぼに水を引きます。市街地近くの台山に登って見下ろすと、長岡は見渡す限りの水面が広がって市街地が水にぽっかり浮いたようになり、それはまるでヴェニスのようで、毎年その景色を愛でるのを楽しみにしていました。
ところがマスコミが報じる今般の災害の遠景写真は(こういう見方は不謹慎と思いながらも)、あの5月連休のころの長岡の高地からの眺めとそっくりなのです。
一方は豊かな実りを秘めた希望の水、もう一方は人の暮らしを破壊する災いの水です。
「文明が進めば進むほど天然の暴威による災害がその激烈の度を増す。」とは寺田寅彦の言葉です。
河川の決壊による濁流のなかに点々と沈む数えきれないほどの自動車が、その言葉の今日性を感じさせます。


e0153357_19584474.jpg







一昨日こんなことがありました。
早朝、「すわッ、首都直下型地震!」と一挙に目を覚まし、「な〜んだ…」と、早く目覚めた分だけいつもよりのんびりゆっくりと裏山の神社のラジオ体操へ向かいました。
6時半からの体操は、机の上の携帯ラジオから流れる号令に合わせて老男老女が身体を動かすのですが、この日ラジオはずーっと「マチダ震度5弱、ヨコハマ震度4、・・・」と地震速報をやっていて、6時半になっても一向に終わりません。一同一瞬顔を見合わせました。と、誰かがラジオ体操第一の動きを始めたのです。するとそれ合わせて皆が「カワサキ震度4、チバ震度3・・・」の声に動ぜず黙々とラジオ体操第一、第二を規律正しく無事やり終えたのでした。
自然災害なれした近頃の世相の一こまと言うべきか、百戦錬磨の老男老女ならではの胆の坐りなのか、とても不思議な体験でした。

e0153357_19590909.jpg












自然災害はいつかはわが身に降り懸る。それは多分想定以上のものだろうという覚悟をもちながらも、できる備えはする。今日まで当事者でなかったことを感謝しつつ、自然の恵みも戒めも甘受するということでしょうか。











[PR]
# by love-all-life | 2015-09-13 20:02 | 時事・社会 | Comments(0)

政治家の言葉

安倍首相が「積極的平和主義」とう言葉を掲げて以来ずーっと違和感をもってきました。
この言葉と抱き合わせに持ち出される集団的自衛権や抑止力という言葉との整合性がつきかねるからです。
ところで今朝の新聞で「積極的平和主義」の提唱者であるノルウェーのヨハン・ガルトゥング氏のインタビュー記事を読んで、ひっかかっていたもやもやがすっきり晴れた感じです。

e0153357_10500459.jpg






「積極的平和は平和を深めるもので、軍事同盟は必要とせず、専守防衛を旨とします。平和の概念が誤用されています。」

「参院で審議中の安全保障関連法案は、平和の逆をいくものです。成立すれば、日本は米国と一致協力して世界中で武力を行使していくことになるでしょう。そうなれば、必ず報復を招きます。日本の安全を高めるどころか、安全が脅かされるようになります」

「日本外交の問題は、米国一辺倒で政策が硬直していることです。創造性が全くありません。」

「軍縮を訴えているのに、軍縮を実現するために必要な国際問題の解決策を打ち出そうとはしません。」

実に明快で、まさに快刀乱麻です。(全文:8月26日付け朝日新聞<インタビュー>「積極的平和主義の真意」)

政治家の命が言葉であることは言うまでもありませんが、安倍首相は、「中国が攻めてくるぞ」という類いの脅しと、この積極的平和主義にしても、安全保障法案を平和安全法案と言ってみたりといった、「平和飾り」のついた語句を繰り返すばかりです。
それで人々の「安保関連法案」への理解を得ようとしてもそれは無理というものです。




政治家の発した、心に響く、忘れられない言葉があります。

我が国の魂、それは「自然」「愛」です。
「愛」の対象はつねに「自然」に向けられています。
それらは古い伝統や芸術に生きています、そして、現代にも受け継がれています。
しかし、「自然」と「愛」はいずれも傷つきやすく、いつも悲しみと痛みがあるのです。

e0153357_14003066.jpg
 ランズベルギス (リトアニア国家最高議長)









[PR]
# by love-all-life | 2015-08-26 13:43 | 時事・社会 | Comments(0)

第3回 ピースパレード in かまくら

e0153357_17465606.jpg
「安保関連法案に反対するピースパレードin かまくら」第3回の日程が決まりました。9月6日です。
第1回目の参加者は500人、第2回目は600人、呼びかけ人も697人となり、ますます意気盛んです。

われわれに選ばれた首相がわれわれの意に背く行動をとるとき、それを正すに座して次の選挙を待つわけにはいきません。
いま大きな声を上げましょう。








[PR]
# by love-all-life | 2015-08-22 08:49 | 時事・社会 | Comments(0)