HAND & SOUL

生きるために、何でも作った。


「生きるために、何でも作った。」という小さな見出しに目を奪われました。新聞の片隅のその広告は「魂のモノ語り…シベリア抑留展」を告知するものでした。
コピーは「シベリアに抑留された日本人は、飢え、寒さ、過酷な労働と闘いながら、食器、衣類、娯楽用品…などさまざまなモノを作りました。生きて日本に帰る!その希望をつないだ作品の数々をご覧ください。」と続きます。

e0153357_21180075.jpg
















1945年、第二次世界大戦で日本の敗戦が決定的になった時点で、ソ連は日ソ中立条約を一方的に破棄して宣戦布告をし、多くの居留民を擁し日本軍が支配していた満州地区に攻め込みました。
駐留していた60万人ともいわれる日本軍兵士がソ連軍の捕虜となり、労働力としてシベリアに送られ、零下20度を超える酷寒の地で、食料・衣料をはじめとしてあらゆる物資が不足するなか、劣悪な衛生状態の収容所での生活を強いられ、1割に当たる6万人の抑留者が命を落としたとされます。
終戦時に小学3年であった筆者は戦後間もなく流行った[異国の丘」という歌謡曲を憶えています。この曲はシベリア抑留日本人の間で唄われ、シベリアからの引き揚げ者が、当時まだラジオ放送だったNHK「のど自慢」で唄って評判になりヒットしました。筆者は、その自らを奮い立たせようするようでいながらどこか哀調を帯びたメロディと歌詞を今でも思い出すことができます。
「魂のモノ語り展」の広告を見たとき、自分の体のどこかに記憶として残っている「シベリア抑留」のイメージが蘇り、道具も材料も乏しい環境のもとで、抑留者たちがどのような「モノづくり」をしていたのかに強い興味をそそられ、同時にそれらがどんな「モノ」だったか思い描こうとしました。
そして頭に浮かんだのが、無駄を一切省いた「シンプルこの上ない造形」のイメージです。食べるために、寒さを防ぐために、最小限の道具と材料を、最大の工夫と労力を尽くして、必要最小限の満足を満たすためのデザインといったものです。シェーカーの家具に近いようなものかなというイメージも少しありました。
そして展覧会場の平和祈念展示資料館(新宿住友ビル33階)に足を運びました。

e0153357_21101001.jpg
















会場には、シベリアをはじめとして敗戦を海外で迎えた日本人が帰国を果たすまでの過酷な運命を示す写真や解説などの資料が、彼らが命をつなぐために作ったモノたちとともに展示されています。
それらは食器類や手袋や靴下などの衣類などの生活用具ですが、なかには火打石と糸くずの携帯用セットなどという、彼らの暮らしがどれほど不自由だったかを無言で語っているものや、麻雀や将棋の駒といったの遊具なども含まれています。
いずれも、満足な材料も道具も入手困難のなかで、よくもまぁこんなに器用につくったものだと舌を巻く出来栄えですが、思い描いていたシェーカーのモノとは大分異なったものでした。
おそらく彼らにとってそれらの「モノづくり」は、昼間の過酷な強制労働の対極にある、憩いと安らぎをもたらすかけがいのない営みであったろうと想像されます。その証拠が、つくられた用具の随所にみられる遊び心やユーモアのセンスです。
ある手提げ袋に施された刺繍はなつかしい赤提灯か屋台のおでん屋か、いずれ酷寒の地で夢見る極楽の世界でしょう。スプーンの柄にヌードを刻む手の感触に作者は至福の時を味わったのでしょうか。
家畜とそれほどかわらない過酷な日常のなかで、残されたわずかな自由時間に自らの手で「モノをつくる」ことは、彼らにとって人間らしさの証しであり、幸せと安らぎを得る、故国へ帰る希望の灯を点し続ける力の源泉となる営みだったのに違いありません。
抑留民にとってスプーンは命を繋ぐために不可欠な用具です。ところがそこにヌードを刻み込むことで、そのスプーンは単なる食器から生きる喜びをもたらすモノとなったはずです。
ここに「手でつくる」が故に「こころに届く」ものが存在するという関係が生まれるのです。

まさにHAND & SOULの典型の姿を見た思いでした。


資料:平和祈念展示資料館










[PR]
by love-all-life | 2018-04-21 21:32 | 時事・社会 | Comments(0)