HAND & SOUL

明治期のHAND & SOUL

e0153357_19333826.jpg
横浜市歴史博物館で開催されている「寄木細工 Art & History」展を見てきました。
日本で最大(ということは世界最大)の寄木細工のコレクションとされている金子皓彦氏の10万点におよぶコレクションから選ばれた150点ほどが展示されています。(11月11日まで)
寄木細工というと、ともすると箱根土産の可愛らしいカラクリ小物寄木などを連想しがちですが、今回の展示では江戸末期から明治にかけて西洋に輸出された大型の家具系の作品が多く展示されていのが特徴です。
とりわけ今回の目玉ともなっている、ライティング・ビューロー(上図)は明治20年〜30年頃に作られヨーロッパに輸出されその後お国帰りしたもので、日本最大のものとされますが、等身大の丈で幅が両手を広げたほどもあるスケールの大きさもさることながら、全身にびっしりと施された緻密な寄木の装飾の見事さは圧巻です。
コンマ以下のミリ単位の微細な木片をノコギリでで切り、カンナで削り、組み合わせ、はめ込み、接着する、気の遠くなるようなプロセスを積み重ねて完成させる美の世界です。
人の手がこれほどの技を発揮することができるのかという驚きと感動をかって経験したことがあると思い出したのは、バチカンのシスティナ礼拝堂の内部一杯に施されたミケランジェロの天地創造の図です・・・(ちょっと大げさかな?)。
歳をとって、口にしないまでも頻繁にこころに去来する「機械文明の発達に反比例して生身の人間の能力は劣化している」という思いを新たにした次第です。
e0153357_19344716.jpg
e0153357_19375092.jpg

会場にはシリアなどの石や貝などを材料としたアラベスク模様の象眼工芸の例も展示されています。こちらはイスラム文化から生まれた抽象形体を組み合わせる数学的な正確さをもつ装飾模様です。
これらと比較すると日本の寄木細工の特色がいっそう鮮やかに浮かび出るように感じました。
まず寄木細工の材料がいわずと「木」であるということ。日本の風土がもたらす多様で豊富な木材の性質や色が寄木工芸品に独特のあたたかみ、柔らかさ、やさしさを与えます。
そして筆者が特に江戸末期や明治期の日本の工芸にいつも感じるのが、技は厳しく正確だが、こころは自由という感じです。
寄木細工には製法上の性質から連続柄が頻繁に使われますが、この連続性がもたらす単調さを壊す要素を巧みに配する工夫は寄木細工の大きな特色です。乱寄木といった不定形の組み合わせる手法。アシンメトリーな構成をふんだんに取り入れる。緻密な柄のなかの「粗」と「密」の巧みな組み合わせ。
これらの数々のテクニックが結果として醸し出す、粋、遊びごころ、伊達、などから生まれる洒落っ気こそ日本の寄木細工の真骨頂だと思いますし、なによりもその時代の職人たちの技がそれらを可能にするだけの力をもっていただけだはなく、こころ(感性)を身につけていた証拠ではないかと思うのです。

やっぱりHAND & SOULだよ。

画像は展覧会図録より
横浜市歴史博物館 https://www.rekihaku.city.yokohama.jp









[PR]
by love-all-life | 2018-11-01 19:43 | 文芸・アート | Comments(0)