HAND & SOUL

<   2018年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

HAND SCRATCHED AND BUILD 展

e0153357_16441360.jpg



















桃の花の季節となると渋谷神宮前のタンバリンギャラリーでのHAND & SOUL展が恒例となっていました。
最初の年がバアバこと内藤三重子のお雛様の展示だったためで、翌年からジイジも加わって二人で6年続けて画廊の最年長者展示の記録を保持してきました。
昨年のお正月にジイジが腰の怪我をして急遽キャンセルしていただき、今年はぜひと思っていたのですが、一度蹴つまずくとなかなか立ち上がれないのが年寄りのつらいところで、二人揃って遊びに出かける回数より病院に行く回数の方が多くなるとか、理由はいろいろつけられますが、要は「面倒くさい病」にかかってしまったということでしょう。
長年のお付き合いのギャラリーのご好意で「そんなら、グループ展ではどうですか?」とお誘いをいただき、それならと、手許にあるものや、作りかけの作品を慌てて仕上げて参加させていただくことになりました。
お仲間は5人、皆私たちの娘ほどの作家さんたちです。(私たちから見れば世の中の90%の女性は若い女性ですが、失礼…ほんとうの若い女性です)油の乗り切った勢いのあるペインター、版画、陶芸、立体造形と多彩な方たちです。

展覧会はすでに27日から始まっていて3月4日までです。3日の15時からレセプション・パーティがあって作家がみな揃います。もしおついではあればお寄りいただければ嬉しいです。近況報告を兼ねて・・・・

詳しくはタンバリンギャラリーのサイトをご覧ください。
http://tambourinsky.blogspot.jp/2018/02/group-exhibition-hand-scratched-and.html








[PR]
by love-all-life | 2018-03-01 16:49 | 文芸・アート | Comments(0)